/ Home / Archives / Remark / 19990716
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 IA64 は次世代アーキテクチャの主流になり得るか 

1999/07/16
マスコミは Merced を Intel の次世代 CPU として取り上げているが、それはつまり Merced のアーキテクチャ IA64 が、次世代の Intel の、すなわちコンピュータ業界の、標準になるという前提である。しかしこれはかなり難しいのではないかと思う。386 で IA32 を作ってから、実際に 386 のネイティブなソフトウェアが主流になるまで、実に10年近くもかかっているのだ。それまでは、286 も 386 も、高速な 8086 としてしか使われていなかった。もちろん Windows3.0 のエンハンストモードは 386 でないと動かないが、これは一部 386 の機能を使っていただけで、基本的にソフトウェアは 8086 コードのままだ。
Merced には IA32 互換モードも内蔵するらしいが、これが PentiumIII より遅ければ、話にならないし、とんでもなく速ければ、386 のときのように、IA64 になかなか移行できない。さらに 386 のときより厄介なのが、AMD の Athlon の存在だろう。Merced の IA32 がたいして速くもなく、それでいて価格がかなり高いとすれば、ユーザはとりあえず Athlon でいいということになりかねない。しかも今の Intel は実質 Athlon に対抗できるような、IA32 の新製品を開発していない(ハズだ)。そうなると Intel はかなり追い込まれることになる。まあ Intel の力で Athlon より高速な IA32 を作ることはできるだろうが、すでに Intel と HP は IA64 にとてつもない開発費をかけているのだ。
逆に IA64 にソフトウェアがすんなり移行すれば、AMD はもうおしまいだろう。Intel 互換がウリだったのに、一般に知られる限り、AMD は IA64 の互換チップをを開発していない。もはや Intel にライバルはいなくなる。
パソコン業界ほどではないにせよ、ワークステーションの世界でも、HP の PA-RISC と SUN の Sparc と IBM の PowerPC と Compaq の Alpha が拮抗している現在、もし Merced が成功したら、大逆転が起きそうだ。なんといってもパソコン用の CPU は大量に作るから1個あたりのコストが安い。しかもワークステーション上で、WindowsNT のバイナリがそのまま動くようになれば、UNIX だけで勝負する必要もなくなる。
さて、21世紀の勝者は Intel - HP 連合か、AMD と、SUN, IBM, Compaq の三強 RISC ベンダーか。

ただしこの件に関して、私自身は何の予想も希望も言わない。というよりわからない。