/ Home / Archives / Remark / 19990520
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 Linux 導入記 

1999/05/20
Linux に関するマスコミ批判をさんざんやってきたから、私もエンジニアとしての責任で実際に Linux を自分のマシンで使ってみることにした。あたりまえだけど、こんなこともやらずに「これからは Linux だよね」なんて言っている、Macintosh しか知らないような野次馬がいっぱいいるから困ったものである。

Linux というのは軽い OS で、なんでも Windows のように最新スペックを要求しないらしい。そこで私もすでに引退させた古い PC を引っ張り出してきた。CPU は 486DX2/66、メモリは 32MB、ハードディスクは IDE の 420MB と 340MB、これにサウンドブラスタの増設 IDE コネクタ経由で 8倍速 ATAPI CD-ROM を繋いである。ビデオカードは、VL-BUS の Cirrus GD-5428、VRAM 2MB。Windows 3.1 時代に購入した IBM PS/V に、あまっている HDD と メモリを限界まで増設したマシンである。
最初に断っておくが、このマシンで Windows98 をインストールし、DirectX 6.1 まで動かした実績がある。マスコミの言葉を借りれば、Linux を動かすには十分なマシンのはずなのだ。事実このクラスのマシンで、会社では Linux を使った IP ルータや、Web サーバなどを動かしている。

選んだディストリビューションは、取り敢えず日本では一番ユーザ数の多い Turbo Linux、これはベースが RedHat であり、世界的に見てもメジャーなディストリビューションといえるだろう。私は手順通りインストールを始めた... かったのだが、Linux をクリーンインストールする手段を書いた入門書がどこにもない。Windows との共存方法ばかりである。しかもそんな本に限って、「Linux は安定しているので、一度立ち上げたら、通常はシャットダウンしない。」などと書いてある。だったら何のために Windows と共存させるのだろうか
私も素人ではないので、クリーンインストールの方法くらいは自力で何とかなったが。それにしてもそういう入門書に、「Linux 初心者がわかりにくいのが、マスタブートレコードの設定である。」などと書いてあるのには参った。MBR も知らないユーザに、いったい Linux で何をやらせようというのだろう。
続いてセットアップオプションの選択である。ここで困った。X サーバを導入するのに、最低システムパーティションに 500MB 必要らしい。つまり、E-IDE 以前の PC では X が動かないということではないか。まあ X で何をしようというつもりもないので、キャラクタベースのネットワークサーバとしてインストールした。これなら 200MB もあれば事足りるので。
以上あっという間にセットアップが完了し、-とはいっても、当然ハードディスクのシリンダ数や、ビデオカードのチップの種類などは分かっていないといけない- さてネットワーク環境の設定を、と思いながら本を見ても、どこにも設定方法が載っていないのだ。私はただ DHCP サーバにでもできればいいか、と思っていたのに、どこを見ても「まず X でログインして...」と来る。Linux に X を入れて、Windows と共存させて、24時間連続運転させて、いったい初心者に何をやらせようというのだ?

ということで、私の「家庭内 Linux サーバ導入」はあっさり挫折した。このマシン1台だけではどうにもならないから。
そしてこのマシン、今は WindowsNT 4.0 をインストールして、proxy 兼 DHCP 兼 Windows プリンタサーバとして元気に 24時間運転している。もちろん GUI ベースで(Windows は GUI を切り離せないから)。ハードディスクの占有量は、C ドライブが 300MB。D ドライブにスワップファイルを作ったからまだ余裕がある。という事は、やはり Linux よりずっと軽いということになる。
Linux をキャラクタベースで動かせば、確かに 486 マシンでも十分だろう。しかし設定項目をすべて理解しているか、別に X をインストールしたスーパーマシンがあって、そこで GUI ベースで設定した情報を比較参照できるような環境があるか、いずれにせよ 486 マシン1台では、初心者にはなんともならないとう事がわかった。「Linux なら必要な情報はすべてインターネットにある」なんて言わないで欲しい。まさかホームページの閲覧は、別に用意した Windows マシンでというわけではあるまい。
私の知る限り、Linux をうまく使いこなしてる人は、いつでも確実にインターネットにアクセスできる環境を、Windows で持っている。まちがっても「Linux があれば Windows なんかいらない。」などとは言っていない。
ハードディスク 1GB クラスの Pentium マシンが引退したら、そこにもう一度、今度は X サーバ込みでインストールしてみよう。でもそんなマシンだったら、Windows2000 でも動くだろうけど。
統一された GUI を乗せて、アプリケーションも充実して、誰でも簡単に使えるようになれば、Linux はもっと普及する。などと雑誌でよく言われているが、それが Windows なのではないだろうか。もし Linux がそうなったら、当然今よりずっと重くて不安定な OS になるわけだ。

結論。分かりきっていたけど「軽くて、信頼性が高くて、使いやすい OS。」そんなうまい話なはい。