/ Home / Archives / Remark / 19990304
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 強くなり過ぎた Microsoft を連邦司法省が分割する 

1999/03
Microsoft というのは、かつての石油会社や自動車会社ではないのだ。ソフトウェア会社、つまり巨大な工場もなければ土地もない。あるのは賢いプログラマと、とんでもない高価格の株式だけ。それを分割してどうしようというのだろうか。Microsoft A と Microsoft B ができるだけであり、一方が OS を作って独占的な地位を築く。もう一方がアプリケーションを作って独占的な地位を築く。ということにしかならないではないか。
独占禁止法というのは、独占的な地位を利用して、消費者に不利益になるような営業をした場合に適応されるわけである。つまり「これはウチでしか買えない。どうしても欲しけりゃ金だしな。いやなら他に行け。」というのが問題なのである。だから分割はなかったとしても、もし Microsoft に「独占的地位を利用して価格を上げているから、Office も Windows も、もっと安く売れ。」と裁判所が命じたらどうなるか。Microsoft 以外のソフト会社はそれこそ全滅である。私もソフトウェアを作っている会社の人間だからよくわかるが、Microsoft の製品がちょっと高いということが、現状では救いなのだ。
断っておくが、私は Microsoft を援護してるわけではない。バカばかり言って群集を煽ってるマスコミの批判と、それに躍らされてるサルにホントのこと伝えようとしているだけだ。ホントに独占禁止法を適用したら、世界中のソフト会社は全部潰れることになりかねない。