/ Home / Archives / Remark / 19990303
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 Java が普及すれば Windows は不要になる 

1999/03
一体誰がこんなことを言い出したのだろう。Java が普及したら、一番儲かるのは Microsoft なのである。なぜなら Java を動かすのに、パソコンと Windows が必要だからだ。確かに Java は Windows でなくても動く。しかし Java は JavaVM をサポートした OS でしか動かないのであって、けっして OS を選ばないというわけではないのだ。噂の Java マシンというのもあるだろうが、そんなものは実際にはどこにも売ってない。つまり本質はこうだ。確かに Java アプレットを動かすだけなら OS/2 でもいいし、Macintosh を買ってもいい。Linux というテもあるだろうが、印刷もスキャナからの画像の取り込みも、デバイスドライバがほとんどないから、現実的ではないだろう。しかし、そういう意味で Java を動かすというだけなら、今あなたが持ってる Windows95 の片落ちパソコンでも十分なのである。つまり「Java はどこでも動く、Windows さえあれば。」ということなのだ。わざわざ Macintosh を買う必要もないし、OS/2 をインストールしなおす必要もない。しかも Windows なら Java 以外にも、Word や Excel があって、すごいゲームがいくらでもあって、デジカメで写真撮って、年賀状も作ることができる。
もしマスコミが騒ぐように、Java で Windows を駆逐しようとするなら、MacOS と OS/2 と Linux だけで動いて Windows では動かない JavaVM を作らなければならないだろう。そしてさらに開発費をつぎ込んで、Office やゲーム、年賀状作成ソフト、そういう Java アプレットいくつも作って、デバイスドライバをすべて揃えて(これはハードウェアメーカが無償提供するしかない)、MacOS と OS/2 を無料にして、その上 Java ポータルサイトにアクセスしたら 100万円プレゼントなんて派手なキャンペーンをしなければならない。実際今まで Microsoft は Windows にそれくらいの金をかけているのだろう。
断っておくが、私は Microsoft を援護してるわけではない。バカばかり言って群集を煽ってるマスコミの批判と、それに躍らされてるサルにホントのこと伝えようとしているだけだ。現状で Microsoft 嫌いなマニアがいくら「Java ジャバ じゃば」と言っても、Microsoft は痛くも痒くもないのである。