/ Home / Archives / Remark / 19990302
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 Linux は Microsoft にとって脅威か 

1999/03
もうマスコミのバカ話は聞き飽きた。つい最近の某経済紙にも「Linux のデスクトップアプリケーションが充実してきたので、デスクトップから Windows がなくなっても困らなくなる。」なんて書いてあったのだ。
確かにワープロも表計算もマニアたちが競っていいものを作るだろう。しかし GUI シェルは何を使う? カーネルのバージョンは? 日本語版 OS は何を使う? それらすべてひとくくりで Linux だと言っているのか?
まあそんなことはどうでもいいだろう(どうでもよくはないが)。しかし大問題は別にある。デバイスドライバは一体誰が作るのだ? Canon や Epson のカラープリンタの Linux 版ドライバ(すべての CPU 、カーネルのバージョン、GUI の種類...)なんて聞いたことがない。Macintosh 版のドライバすら開発が追いつかないデジカメのドライバはどうする? もちろんソフトウェアモデムは全滅だ。MIDI シンセサイザは鳴らない。
WindowsNT のサーバ市場に Linux が侵食してくることは間違いない。しかしそれはまさに今、WindowsNT が Solaris や UNIXWare の市場に侵食しているフィールドなのだ。Microsoft が絶対的に強いデスクトップ市場、すなわち Windows95/98 の市場には Linux は無縁である。「これからは Linux だ。Microsoft プレインストール代返せ。」なんて言っている群集(実際にわかって行動しているマニアは別)に、もし仮に Linux がインストールできたとして、それで何をやるつもりなのだろうか? カラープリンタもスキャナもデジカメもなし、年賀状すら作れない。もともと趣味で FreeUNIX の世界に浸っているマニアというのは、エディタとコンパイラだけあればいいという奴らであって、彼らはコンピュータで年賀状を書いたりはしないのだ。
それに加えて、そんなことよりもっと重要な問題がある。確かに Linux は一部の市場で WindowsNT と競合するだろう。しかし Linux を最大の脅威と感じているのは、SUN や SCO のはずである、きっと。当然だろう。Linux はタダの UNIX なのだ。だったら最初に叩き潰されるのは、タダじゃない UNIX、つまり Solaris や UNIXWare だということ。マスコミが、「Linux がどんどん普及すれば、Microsoft の支配も崩れる」などと言っているが、Microsoft 支配が崩れるほど Linux が普及したときには、SUN と SCO は影も形もなくなっている。
断っておくが、私は Microsoft を援護してるわけではない。バカばかり言って群集を煽ってるマスコミの批判と、それに躍らされてるサルにホントのこと伝えようとしているだけだ。ホントに真っ先に Linux につぶされるのは SUN と SCO なのだ。