/ Home / Archives / Remark / 19990301
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 SUN, Oracle, AOL ... は Microsoft 包囲網か 

1999/03
これについては、テレビ東京の「ワールドビジネスサテライト(小谷さん好き!)」で週間アスキーの編集長が実に的を得た発言をしていたので、少し引用させてもらう。「Microsoft が包囲されているのではなくて、従来のネットワークやサーバビジネスに、Microsoft が喧嘩をしかけているのです。」
マスコミでは Windows の圧倒的なシェアに対して、他社が包囲網を張り巡らしているかのように伝えられているが、ここにはとんでもない間違いがある。まず圧倒的なシェアを持っているのは、Windows95 と 98 であって、SUN も Oracle もこれに対抗する製品を持っていない。だから包囲なんかしてもぜんぜん意味がない。
では一体、SUN や Oracle や AOL にとって何が脅威かというと、WindowsNT とBack Office 製品群と msn なのだ。Windows98 がいくら売れても、競合製品を持っていない SUN にとってはどうでもいいことだ。むしろネットワーククライアントが増えるわけだから、Solaris のクライアントライセンスがどんどん売れるということになる。これは Oracle も同じ。しかしマクネリやエリソンが許せないのは、今まで自分たちが独占していたサーバ市場に所詮パソコン屋の Microsoft が進出してきたことなのだ。しかも Microsoft は msn というパソコン通信兼インターネットプロバイダ事業まで始めて、世界トップシェアの AOL の市場にまで進出している。
つまり真相はこうだ。SUN や Oracle や AOL が、今までそれぞれの市場で独占的なシェアを持っていたところに、パソコン OS だけ作っていればいいものを、Microsoft が進出してきて、価格破壊を起こそうとしていることが大問題なのだ。中途半端な Sparc サーバなら、半分以下の値段で、Compaq のサーバと WindowsNT の組み合わせの方が性能がいいかもしれないという真実に、一般消費者(この場合ブランド志向のない、アメリカ人の)が気づき始めたことが問題なのだ。
断っておくが、私は Microsoft を援護してるわけではない。バカばかり言って群集を煽ってるマスコミの批判と、それに躍らされてるサルにホントのこと伝えようとしているだけだ。WindowsNT の発売以来、SUN や Oracle が大幅に価格を下げてきたことが真実の証明なのである。