/ Home / Archives / Remark / 19990208
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 家庭内イントラネット 

1999/02/08
我が家の家庭内イントラネット計画も、proxy サーバと web サーバの導入をもって、1年がかりで第1期工事を完了した。ここでは、廃品利用の PC サーバと、もらい物の TA と、フリーソフトを使って、OS 以外ほとんどタダで作ったイントラネットを紹介しよう。


1. NetBEUI を追放する
4年ほど前から手持ちの PC を Ethernet で接続して使うようになった。このときは主にファイルとプリンタの共有が目的だったので、WindowsNT 3.5 を NetBEUI で接続して使っていたが、Windows95 を導入してからも、この構成を継続していたので、1998年の春までは基本的には私の LAN 環境のプロトコルは NetBEUI だったのだ。
しかし1995年頃から日常的にインターネットに接続するようになり、必然的に1台の PC に NetBEUI と TCP/IP という2つのネットワークプロトコルを共存することを強いられるようになっていた。そして昨年の春、奥さんが家計簿用に使っている PC と私の PC で、ちょっと対戦型の Microsoft Hell Bender をやってみたくなったのが、NetBEUI を排除するきっかけとなった。
このシューティングゲーム Microsoft Hell Bender は、対戦相手の設定に直接 IP アドレスを入力しなければならないので、ローカル IP アドレスの設定が必要である。したがって私の環境では、ダイアルアップにインターネット用の TCP/IP のバインドと、Ethernet カードに、NetBEUI と TCP/IP の2つのバインドが必要になる。しかしこうなるともう NetBEUI の意味がほとんどない。そこでこれを期にすべての PC にプライベート IP アドレスを設定し、NetBEUI を削除することにした。

2. モデム切り替え機を追放する
私と奥さんの二人とも NIFTY に加入しているのだが、これが後々まで問題になったのだ。私も奥さんも、最近ではもっぱらダイアルアップ先のプロバイダとして HYPER-ROAD を使っているだけで、電子メールもインターネットメールとしてしか利用していない。つまり私が時々フォーラムを覗く以外は、NIFTY は我が家にとってメールサービスのあるプロバイダでしかなくなってきたということである。
ところが NIFTY は本来パソコン通信であるがゆえ、プロバイダとしては根本的な問題がある。それは ppp の認証と、メールサーバの認証が1本化されているため、ppp で認証されたユーザ以外のメールサーバへの認証ができないということである。つまり私の ID で ppp に接続したら、奥さんはそこからメールを送ったり、受信したりできないということになる。だからたとえダイアルアップルータを使っても、二人で同時に利用することはできない。
というわけで、これまでずっと2台の PC を、モデム切り換え機で1台のモデムに接続していたのだ。しかし PC 同士が 10Base-T のツイストペアケーブルでスマートに繋がっているのに、さらにもう1本、始末に負えないシリアルケーブルが必要というのがどうにも我慢ならなかった。そこでこのモデム切り替え機とシリアルケーブルを排除すべく、いくつかのモデムサーバソフトを試してみることにした。そんななかで一番賢そうだったのが、黒原浩善氏のシェアウェア NPCOMM である。
この NPCOMM はサーバ側にポートシェアサーバ、クライアントに仮想 COM ポートドライバをインストールすることにより、複数のクライアントが、それぞれ個別にダイアルアップでプロバイダに接続できる。ポートシェアサーバの良いところは、WindowsNT のサービスとして起動できることで、ディスプレイなし、キーボード/マウスなしのマシンにインストールして、電源を入れると、ログインなしで使えるようになるのだ。これは私のような環境で使っているユーザには絶対お勧めのソフトである。
■ 黒原浩善氏のホームページ http://www.yk.rim.or.jp/~kurohara/

3. ISDN に切り換える
これはイントラネットの話とは直接関係ないが、知人から NEC の Aterm IT55DSU という TA をタダでもらったのがきっかけで、昨年の11月に我が家も電話回線を ISDN に切り換えた。しかし私の頭の中ではこのときすでに、近い将来プロバイダを別の会社に代えて、この TA をダイアルアップルータに代えて、自分の LAN とインターネットをシームレスに繋ごうという計画が密かに進行していたのである。(つまり奥さんに総予算を悟られずに)

4. ocn ダイアルアクセスに加入する
プロバイダを変えるのは、4月以降にしようと思っていたのだが、昨年末あたりから私も奥さんも NIFTY の課金がうなぎ上りで、二人とも標準コース(月15時間以内\2,000)のアクセス時間をオーバーし、\3,000 を超えるようになってしまった。これはもう早急にプロバイダを切り換える必要がある。このときも私の頭の中では、将来 ocn エコノミーのサービス料金が月\10,000くらいになったときを見越して、今からアカウントを取っておこうと考え、プロバイダ捜しは迷わず ocn に決定した。契約は50時間まで定額の ocn ダイアルアクセスロングだ。
ocn は NIFTY と違って、ppp の認証と、メールサーバへの認証が別になっているし、NIFTY の現在のメールサーバへは、apop プロトコルを利用してアクセスできるので、これで私のアカウントも奥さんのアカウントも、ocn のアクセスポイントから NIFTY のメールサーバに接続できる。メール送信時は、二人とも ocn のメールサーバのアカウントを通して送ればよいので、メールに関する問題はこれで解決した。

5. proxy を立ち上げる
これまで先のポートシェアサーバに使用してきたマシンに proxy をインストールすれば、取り敢えず家庭内イントラネットとインターネットの接続は完成である。私が選んだ proxy のソフトは、SapporoWorks のフリーソフト WinProxy だ。WindowsNT での明確な動作保証と、proxy としての必要十分な機能を備えて、しかも無料である。
ただ一つ残念なのは、この WinProxy は WindowsNT のサービスとしては起動しないということ。したがって、サーバを立ち上げログインしてからでないと、proxy が使えない。無料で使わせてもらっているので、無理な注文はできないが、これは非常に残念なところだ。
■ SapporoWorks のホームページ http://www.asahi-net.or.jp/~gm7s-hruc/ (2002年4月現在、リンクが切れている)

これで NPCOMM は不要になってしまったかというと、決してそういうわけではない。地方の BBS など、TCP/IP プロトコルでないホストに接続するには、やはり単独のダイアルアップが必要である。この点、プロトコルに依存せず、COM ポートをエミュレートする NPCOMM はとても便利なツールである。

6. 将来計画
まずできるだけ早い時期に TA をダイアルアップルータに換えること。そうすれば proxy でなく、IP マスカレードで接続できるので、クライアント側の制限がほとんどなくなるだろう。サーバはまた NPCOMM と、プリンタサーバ、ファイルサーバだけになるので、ログインしなくても利用でる。
そしてやはり最終的には、専用線接続だろう。現在 ocn エコノミーが、月\38,000なので、まだ個人で使うには高すぎるが、電話料金まで考慮すると、月\20,000以下になれば現実的だと思われる。odn も ocn に対抗して値を下げてくるだろうから、これからが楽しみだ。政府もくだらない経済政策などやっていないで、早く情報インフラの整備に本格的に着手してもらいたいものだ。