/ Home / Archives / Remark / 19981226
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 ALL MMX 化計画 

1998/12/26
デスクトップパソコンの CPU をすべて MMX 化し、3D アクセラレータを載せ、ISA カードを排除するという、無意味で無駄な計画を立てた。

1. Socket7 強化策
私が現在所持しているパソコンは、ノートパソコンを除いて、すべて Pentium 互換、所謂 Socket7 系の CPU である。性能的には PentiumII が上なのだろうが、コストパフォーマンスを考えると、特に 3D ゲームなどをやらない私には、Slot1 は不要なのだ。Celeron を考えないわけではないのだが、いきなりマザーボードと CPU を買い換えるにはかなりの金額になり、K6-2 などと比べてやはり割高になってしまう。
というわけで当分 Slot1 に移行する予定はないのだが、古い Pentium などはそれなりに性能不足になりつつある。そこで、Socket7 系の最後のパワーアップとして、全 CPU の MMX 化と、全てのカードの PCI 化、全てのグラフィックカードの 3D & VRAM 4MB 化を計画した。つまり 1024*768 ドットの画面をフルカラーで、それなりに高速に使えるように、また Plug & Play をスムーズに行うために ISA を排除するのが目的である。

2. CPU の使い回し
1998年10月、計画発案時のマシン構成は以下の通りだった。
マシンCPUマザーボードビデオカードISAカード
自作K6-2/266TMC TI5VG+Matrox Productiva G100 8MBなし
自作K6/200ASUS SP97XVDiamond ViperV330 4MBなし
自作K5/166GIGABYTE GA586VXSparkle Trio64V+ 2MBなし
自作K5/133ASUS P/I55TVP4Sparkle Virge/DX 4MBSoundBlaster16
Packard BellPentium/133PB600 AGOURASparkle Virge/DX 4MBSoundBlaster16

まず予算を最低限に押さえるために、買わなければいけない CPU をまとめてみた。単純に考えれば、このうち MMX に対応していないのは、2個の K5 と、Pentium である。しかしこれらのマザーボードはどれも古いので、最新の K6 や K6-2 は電源が対応していない。つまり 2.8V の MMX Pentium か、2.9V の K6 ということになる。さらに Packard Bell のマザーボードは Socket5 のため、デュアルボルテージは不可能なのである。
そこで CPU を無駄のないようにうまく使い回しせねばならない。まず TI5VG+ はせっかく100MHz対応なのだから、最新の K6-2 を載せることにする。とはいっても 350MHz の価格は 300MHz の2倍にもなるため、コストパフォーマンス重視とは言えない。クロック比で 20% も変わらないのだから、ここは 300MHz で十分だろう。そこからはずした K6-2/266 を SP97XV に載せることにする。ASUS のホームページから K6-2/300 対応の BIOS をダウンロードしたので、これは問題なさそうである。そして K6/200 を P/I55TVP4 に載せようと考えた。こちらは 2.9V の設定があり、K6 に対応した BIOS に更新してあるので大丈夫なはずだ。さて、良くわからないのが GA586VX である。GIGABYTE のホームページには K6 の記述もあるのだが、BIOS のバージョンやマザーボードのリビジョンの記述が微妙にずれていたりして、どうも怪しげである。そこでこちらは明確に記述のある P55C つまり MMX Pentium を載せることにした。最後は Packard Bell である。こればかりはゲタをはかせるほか、どうしようもなさそうだ。しかしひとつだけ格安の冒険をしてみる手はある。シングルボルテージの WinChip C6 を試してみることだ。ところがこのマザーボードは、ベースクロックは 50MHz, 60MHz, 66MHz と選べるのだが、倍率は1.5倍と2倍しか設定がない。やはりゲタしかないのだろうか。しかし良く考えてみると C6 は、0.5倍設定を受け付けないので、マザーボード側の設定を1.5倍にしたときどうなるのかを調べてみた。NIFTY の CPU 系のフォーラムや、インターネットでの個人のホームページの情報を片っ端から調べて、これが4倍モードになることがわかったのである。ならば 60MHz*4=240MHz が使るはずだ。ゲタの値段より安い C6 だから、ここは勝負をかけてみることにした。

3. 中古の MMX Pentium を捜す
今さら MMX Pentium というのももったいないので、これだけは中古品を捜すことにした。K5 からのアップグレードでは、MMX 対応と、FPU がわずかに早くなること以外は期待できない。しかし GA586VX の最後の延命措置だから、これで十分だろう。ところが予想外に Intel 製品の中古が高いのに驚いた。名古屋大須には DOS/V パラダイスの中古店、アウトレット大須があるのだが、MMX Pentium/200 の中古品は、K6-2/266 の新品並の値段である。性能は恐らく半分程度なのだろうから、これはいくらなんでも高すぎる。ならば新品をと考え、いくつかのショップを回ったのだが、やはり新品はさらに高く、K6-2/300 が買えてしまう。仕方ないので、アウトレット大須で最初に見つけた中古品を買ってきた。
ところがこれを GA586VX に載せても、MMX Pentium/166 としか認識しないのだ。クロック倍率をどう変えても、ベースの2.5倍にしかならない。低くもならないので、CPU のせいではないだろう。そこでもう一度 GIGABYTE のホームページを見ると、私の持っているマザーボードのリビジョンでは、Pentium は 200MHz まで対応しているのに、MMX Pentium は 166MHz しか対応していないようである。この件を NIFTY のフォーラム等で調べてみると、CPU のクロック倍率設定の BF0, 1, 2 ピンの問題で、MMX Pentium では BF0 が pull-down に設定されていて、これを pull-up できるマザーボードでないと、3.0倍や3.5倍が設定できないようである。残念ながらこれはあきらめるしかない。166MHz で動作させることにした。しかし K5/166 から MMX Pentium/166 では、ベンチマークを取っても、ほとんど変化はない。浮動小数点演算は確かに2倍程度にはなっているが、GA586VX のマシンは CD-R 作成専用機なので、FPU 性能はぜんぜん関係ないのだ。私の不注意で、これは大失敗だった。
このマシンはこの後中古で Aladdin IV のマザーボード DataExpert TX531 を見つけ、これに交換し、200MHz で動くようになった。プリンタサーバにしている 486SX のノートパソコンを、もう少し早いマシンにしようと思っていたので、そのままあまった K5 と GA586VX でもう一台マシンを作ることにした。

4. K6 はやはり Socket7 のチャンピオンだ
最新の TI5VG+ に K6-2/300 を載せて、いよいよ FSB100MHz を体験することになった。1998年11月初旬の時点で、K6-2/300 の平均価格は \11,000 程度にまで落ちている。もうためらいもなく買える価格だ。これで無事 TI5VG+ が K6-2/300 に、SP97XV が K6-2/266 に、P/I55TVP4 が K6/200 になった。前回の失敗と違って、今回はどのマシンもアップグレードの効果があらわれた。さすがに K6-2/266 から 300 では、体感速度はほとんど変わらないが、K6/200 から K6-2/266、K5/133 から K6/200 は、もう異次元のスピード差である。

5. WinChip2 が発売された
当初の予定では Packard Bell には C6 を載せる予定だったが、年末にはいよいよ WinChip2 が発売されそうである。そこでこちらは少し様子を見ることにした。実のところ C6/240 では、多くのベンチマークで Pentium/133 と総合性能が変わらないようで、しかも MMX 演算ユニットもあまり速いとは思えず、安いとはいえ投資に見合うかどうか疑問だったのだが、WinChip2 ならそこそこ速そうだし、残った C6 の価格が下がる可能性もある。
果たして11月中旬から秋葉原で WinChip2 が出回り始めた。しかもその価格は、直前の C6 と同じである。つまり C6 が発売された時よりも安く発売されたわけだ。期待していた C6 の値下げは、それ以前に市場から C6 の在庫がなくなってしまったが、WinChip2 の価格が、最高速の 240MHz で \8,000 程度なら、それ以上安い C6 を捜す必要もないだろう。
と思ったら、なんと WinChip2 のデータシートでは、1.5倍設定は「Reserved」になっているではないか。一時は諦めかけたのだが、インターネットのマニア系のページで情報を入手し、どうやら WinChip2 のジャンパーも基本的には C6 と同じであるらしいことがわかった。そこで思い切って WinChip2/240 を購入することに決めたのである。
実際にインストールしてみると、Pentium/90 と同じ設定(60MHz*1.5)で、あっさり動作した。起動時に BIOS が Pentium/133 と表示するが、実際には 240MHz で動作しているようである。MMX や 3DNow! の性能まではまだわからないが、HDBench では明らかに Pentium/200 を上回り、互換チップとしては珍しく整数演算と浮動小数点演算の性能のバランスがよく、双方ともに同クロックの MMX Pentium 並といったところだ。

6. 今更 PCI グラフィックス
唯一 3D アクセラレータのないグラフィックスが GA586VX から TX531 に載せ換えたマシンの Trio64V+ である。CD-R 作成専用機なので、3D はいらないのだが、ビデオメモリ 2MB というのがつらいところだ。しかし当然 AGP スロットがないので、PCI のカードを捜さねばならない。nVIDIA RIVA128 や ATI 3D Rage Pro 搭載のカード、Matrox Mistique あたりならどれも \10,000 以下で買えそうだが、決め手に欠ける。ところが秋葉原で、Sparkle の Virge/DX 4MB のカードが \3,980 で売られているのを見つけた。同じカードをすでに2枚持っているし、重いゲームをやらない限り性能的には十分だったので、迷わず手に入れた。AGP の VRAM 8MB のカードが、一万円台前半で買える時代に、やはりこれくらいの価格でないと割安感はない。
あまった Trio64V+ のカードは、先の、GA586VX と K5 PR166 で作ったプリンタサーバに使った。2D の性能はこの頃からほとんど進歩していないので、サーバならこれで十分である。

7. サウンドカードも PCI
ISA のサウンドカードも残るは2枚だけだが、残念ながら Packard Bell は、PCI スロットが2個しかなく、これがビデオカードと Ethernet カードで埋まっているので、あきらめざるを得ない。しかし Sound Blaster 16 の ISA P&P は、以前からトラブルもなく、Windows95/98 でも一発認識されるので、そのままで問題ないだろう。P/I55TVP4 に載せてある Sound Blaster 16 だけを PCI にすることにした。他のマシンは、Microsoft Side Winder が問題なく動作するという理由で、すべて Ensoniq PCI Audio で統一してあるのだが、このカードはアンプを内蔵していないので、アクティブスピーカが必要である。しかし P/I55TVP4 に Side Winder を接続する予定はないし、中途半端にスピーカにお金をかけたくないので、アンプ内蔵のカードを選ぶことにした。そこで候補に上がったのが、YAMAHA の XG 音源を搭載したカードである。楽器を弾く立場で言わせてもらえば、鍵盤楽器としてのシンセサイザなら、絶対に YAMAHA より Ensoniq の方が楽しめる音なのだが、MIDI 音源としてはどうだろうか。まあアンプの問題で、Ensoniq のカードは対象外なので、ここは一番安い YAMAHA のカードを捜すことにした。とはいっても、もともと \4,000 程度のものなので、どこで買っても似たような値段である。あまり迷うこともなく、最初に見つけた店で DCS のカードを購入した。
まだある程度の大音量で聴いていないので、音の良し悪しはわからないが、ドライバのインストールも問題なく、音源としても必要十分なものを持っているようである。これで P/I55TVP4 からも ISA カードを排除できた。

8. 結果
1998年12月末現在、以下のように各マシンをパワーアップした。
マシンCPUマザーボードビデオカードISAカード
自作K6-2/300TMC TI5VG+Matrox Productiva G100 8MBなし
自作K6-2/266ASUS SP97XVDiamond ViperV330 4MBなし
自作MMX Pentium/200DataExpert TX531Sparkle Virge/DX 4MBなし
自作K6/200ASUS P55TVP4Sparkle Virge/DX 4MBなし
Packard BellWinChip2/240PB600 AGOURASparkle Virge/DX 4MBSoundBlaster16