/ Home / Archives / Remark / 19981203
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

Nikon F401sQD  Nikon F401sQD (1989年6月購入) - 1998/12


Nikon FE に限界を感じたポートレートの撮影から1週間後、私が選んだのが、当時もっとも安価なオートフォーカス、Nikon F401s と標準ズームの AF35-70mmF3.3-4.5 との組み合わせだった。1枚1枚を慎重に撮る合成写真や風景写真では、まだオートフォーカスの必要性を感じておらず、Nikon F401s はあくまでスナップ用のサブカメラとしての位置付けだったから、投資は最小限に押さえ、試しに安価なレンズメーカ製 AF レンズを何本か買おうと思っていた。それから程なくシグマの AF80-200mm と、AF24mm を購入し、これで完全に Nikomat FTN は引退させることになった。
しかしこのプラスチックボディの安価なカメラは、私にとってサブカメラにはとどまっていなかったのである。当時のニコンのマルチパターン測光では最も簡略化された3分割測光ではあるが、それでもほとんどの撮影状況で、露出補正という問題から解放してくれる。そしてプログラム AE + オートフォーカス + モータードライブ + スピードライト内蔵の F401s は、撮影状況がまったく予想できない場合でも、とりあえずこれ一台持っていけばなんとかなってしまうということがわかり、もはや多重露出以外に Nikon FE の出番はなくなってしまったのである。ところがそれからさらに数年後、やはり F401s もその限界を暴露してしまったのだ。
それはフジフィルムから発売されたばかりのプロフェッショナルタイプのリバーサルフィルム「ベルビア」を持って、彼女を連れて公園にポートレートを撮りに行った時のこと。ベルビアでポートレートなど、無謀もいいところだが、とにかくこの評判のフィルムを使ってみたかったのだ。そして現像があがったスライドのうち、彼女の顔が適正露出で写っていたのはわずか数枚。それ以外はすべてアンダーかオーバー、つまりフィルムのラチチュードを完全に外れていたのである(ネガカラーで撮った分はそれなりにきれいに撮れたので、彼女にはこちらを渡しておいた)。これは露出補正とか、マルチパターン測光の問題ではなく、そもそもこのカメラの使い勝手の問題だった。このカメラのメータは、マニュアル時の露出計目盛が 1/2EV 単位の3点 LED 式であり、これを超えると + と - しか表示されないため、1EV を超えたらまるで露出のズレがわからない。そしておそらくネガカラーで使うことを前提にしたであろうこのカメラは、常に若干オーバー目で表示されるのである。私はこのときも、ネガフィルムの感覚で適当にマニュアル露出で撮影しており、+ や - だけが点灯していても、まあ 1EV 程度なら何とかなるだろうと、勝手に判断していたのだ。実は 2EV くらいズレていたのかもしれないのに。もちろん厳密な露出設定をしなかった私の失敗ではあるが、もう少しメータにレンジが欲しい。そして指針式とは言わないまでも、1/3EV 単位でスムーズにバーグラフ表示されるメータが欲しいと思った。このとき初めて「F801 を買っておけばよかった」と後悔した。