/ Home / Archives / Remark / 19981202
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

Nikon FE  Nikon FE (1983年3月購入) - 1998/12


Nikomat FTN に限界を感じた陸上競技県大会から数か月後、私が必然的に選んだカメラが Nikon FE + MD-12 という組み合わせだった。当時のニコンの一眼レフで、自動露出、モータードライブ、貧乏大学生でも買えるカメラというのは、これ以外になかったから。カメラ本体とモータードライブに加えて、当時のコンパクト一眼レフ Nikon EM 用に開発された Series-E 35mmF2.5 を同時に購入した。それからやや遅れて、SUNPAK のグリップ式のオートストロボを購入し、私のカメラもややシステムっぽくなってきたのである。もちろんそれまで使っていた 50mmF1.4 と 135mmF3.5 は Ai 改造してもらった。
Nikon FE を使い始めて一番悩んだのが、Nikomat FTN との測光感度分布の違いだ。両方とも中央部重点測光なのであるが、どうも Nikon FE の方がスポット性が弱い(平均測光に近い)らしく、それまでの私の使い方では、どうしても背景の空の影響が強く出て、屋外撮影では必ずアンダーになってしまう。これに慣れるまでにフィルム10本以上を無駄にした。もっとも Nikomat の時代と違って、モータードライブ付きでフィルムの消費量もケタ違いに多かったので、10本などあっという間だったのだが。ところがそれからさらに約10年後、すっかり自分のものになった Nikon FE にも見切りをつけなければならない事件が訪れた。
社会人になってある程度のお金を得た私は、シグマの 70-210mm ズームレンズを購入し、合成写真以外にも風景やポートレートを撮り続けていたのであるが、ある日室内でそのズームレンズを使ってポートレートを撮った時、できあがった写真を見て愕然としてしまった。ただでさえ暗いズームレンズを開放近くで撮ったため、フォーカスが合わせにくい上に、被写界深度はより狭くなり、半分くらいはピンボケという状態だった。
コンパクトな望遠系ズームレンズをスナップで使うには、もはやオートフォーカスが必須であると感じたのである。