/ Home / Archives / Remark / 19981201
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

Nikomat FTN  Nikomat FTN (1971年父親が購入) - 1998/12


私が小学生のとき、父親が 50mmF1.4 付で購入したもの。父はこの後まもなく 135mmF3.5 を購入したので、私はそれ以来父と共同で10年以上この組み合わせを使うことになった。
この当時の一眼レフカメラは、Nikon F を除いてどのメーカも似たような機能で、フォーカスリングや絞りリングの回転方向さえ注意すれば、どんなカメラも簡単に使えたものである。したがって「そのカメラにいかになじむか」が重要だったような気がする。慣れてしまえば機種の違いで撮れる写真に違いはない。しかしそれから10数年後、当時大学3年生だった私の手になじんだ Nikomat FTN に、ついに見切りをつける事件が訪れることになった。
陸上部に所属する、同じ学科の同級生から、走り高跳びの県大会の写真を頼まれ、私は 135mmF3.5 を持って陸上競技場に出かけた。そしてカラーネガフィルム数本を撮りまくり、ラボに持ちこんで、できあがりを楽しみにしていたのだ。しかし数日後、私が手にした写真は、露出が合っていない、フォーカスが合っていない、シャッターチャンスの微妙にズレた、どうしようもない駄作ばかりだったのである。(友人ははそれでも喜んでくれていたが)
走り高跳びというのは、かなり長い助走のあと、ダイナミックな踏み込みと、ジャンプ、そして着地と、連続するシャッターチャンスがあると思うのだが、当然長い助走を1点から撮ると、場所によって露出が変わる。ジャンプする時は背景のかなりの部分が空になり、逆光状態になり、しかも踏み込みから着地までのシャッターチャンスは、1秒程度の間に数回訪れる。もはやマニュアル露出、モータードライブなしのカメラでは、スポーツ写真でこれ以上のものは無理だと感じてしまったのだ。