/ Home / Archives / Remark / 19981103
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 YAHAMA SY77 (1988年購入) - 1998/11

YAMAHA の61鍵大型オール・イン・ワン・シンセサイザである。この後、73鍵でフロッピーディスクへの書き込みが SMF に対応した SY99 が発売されたが、これが YAMAHA シンセサイザの一つの頂点ではなかったかと思う。しかしそれと同時に、DX7 に始まる FM 音源に対する、YAMAHA の敗北宣言であったとも感じられる。
当時、KORG は積極的にサンプリング音源を採用しており、FM 音源にこだわった YAMAHA はこれにやや乗り遅れていたようである。しかし問題は、FM 音源の音質や多様性ではなく、操作性であろう。YAMAHA は DX7 において、初めて FM 音源のパラメタをユーザに解放したのであるが(それまでにもプリセット式 FM 音源の楽器はいくつか発売されていた。)たとえ FM 音源の仕組みを良く理解していても、どのパラメタをどう変えたら、どんな音が出るか、まったく想像がつかず、偶発性に頼る音作りしかできなかったのだ。それに比べると、リアルなサンプリング音源を加工するタイプは、実にわかりやすく簡単である。
そしてついに FM 音源に見切りをつけ、サンプリング音源を採用したのが、この SY シリーズだったのだ。しかし SY77 には、AWM と呼ばれるサンプリング音源の他に、DX7 とほとんど同等な FM 音源も内蔵されているので、どちらかというと、生楽器のエミュレーションに使われる、サンプリング音源タイプに比べ、自然界にまったく存在しない、いかにもシンセサイザというような音を作るようなことも可能だ。なによりも、サンプリング音源では、原理的に存在しない倍音は絶対にできないので、これに(倍音を自由に発生させられる)FM 音源を組み合わせたことは、やや苦し紛れの感もあるが、利用価値は十分である。それに SY77 には DX7 にはなかったフィルタを装備しているので、FM 音源である程度大雑把に倍音を発生させておき、あとからハイパスフィルタで不要な成分を削るといった、旧来の使い方もできる。
私はこの SY77 を使って、最初にハモンドオルガンの音を作ろうと思ったのだが、結局次のような理由で挫折してしまった。
ハモンドオルガンは基音にいくつかの倍音を組み合わせて波形を作るので、FM 音源で簡単にできると思った。そこでまず、1つのオシレータに6つあるオペレータを、整数倍系、3度系、5度系、レスリー効果用の変調系の4つにチューニングした。つまり、C の鍵盤に対して、C の音と、E の音と、G の音が出るように、周波数を調整する。
次に、自分自身に変調をかける要領で、それぞれのオペレータの整数倍音を発生させる。これで、C1 の鍵盤に対して C1, G2, C2, C3, C4, E4, G4, C5 の音が出せる。これを全体に1オクターブシフトさせれば、それぞれがハモンドの 16, 5-1/3, 8, 4, 2, 1-3/5, 1-1/3, 1 のドローバーの音程になる。
なるはずだったのだ。ところがどうもうまくいかない。整数倍系はいいのだが、奇数倍系を加えると、どうしてもハモンドの音にならないのだ。そして私は、ある致命的な欠点に気づいた。ハモンドの場合、ドローバーは、倍音といっても、実際には各鍵盤用のトーンホイールの音を重ねる。つまり、8 と 1-1/3 のドローバーを引いて C1 の鍵盤を弾くと、C1 の音と、その2オクターブ半上の G3 の音が聞こえてくるのだ。つまり 8 だけ引いて、C1 と G3 の鍵盤を弾いた場合と、まったく同じ音になる。ところが FM 音源は違う。8 と 1-1/3 の音を発振させて C1 の鍵盤を弾くと、純粋に基音と、5倍音が聞こえるのである。
つまり、FM 音源のドローバーもどきは、純正律の和音になってしまうのだ。それに対しハモンドのドローバーは平均律の和音を発生する。それであのハモンド独特の少しにごって、かすれたような音が聞こえるのだ。FM オルガンの倍音は、ぴったり共鳴する、透き通った音を出していたのだ。