/ Home / Archives / Remark / 19981102
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 Sequential PRO8 (1985年購入) - 1998/11

Sequential 社(当時の Sequuential Circuit 社)が、ベストセラーだった、Prophet シリーズの廉価版として発売したもの。シンセサイザとしての回路は完全にアナログで、Prophet シリーズの厚みのある音を引き継いでいるが、操作系にデジタル回路を採用していることにより、音色セッティングを64種類も記憶し、瞬時に呼び出すことができる。また当時プロのミュージシャンは、よくライブステージで、設定したプリセットを付箋紙に書いて、楽器の周りにペタペタ貼っていたものだが、この PRO8 は、操作系をデジタルですっきりさせ、空いたパネルにホワイトボードを設置し、マーカペンでメモが書けるようになっている。不恰好ではあるが、きわめて実用性の高い設計だ。
DX7 をはじめ、当時ようやく実用化され始めたデジタル音源のシンセサイザにくらべ、8個のオシレータを組み合わせて、1オシレレータ×8音ポリフォニックや、2オシレータ×4音ポリフォニック、8オシレータ×モノフォニック等、自由に構成できるアナログ音源は、実に厚みがあって、壮大な雰囲気を醸し出してくれる。
しかし残念ながらアナログ音源の弱点はそのまま引きずっており、特に湿度の高い日本では、音程が安定せず、他の楽器とのアンサンブルには苦労した。ハードウェアの無料バージョンアップ(持ちこみ修理扱い)で、電源 ON 後、自動チューニング、さらに温度が上がって、回路が安定すると、もう一度チューニングする機構が組み込まれたが、その後デジタル楽器が中心になってくると、電源を入れて数分間は実用的に使えない本機の出番は少なくなった。現在はもっぱら HAMMOND XB-2 の下鍵盤として、鍵盤の MIDI 出力のみに使っている。