/ Home / Archives / Remark / 19981101
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 KORG CX-3 (1983年購入) - 1998/11

KORG が、HAMMOND のドローバーの特許が切れるのをねらって商品化した、B-3 のイミテーションモデルである。続いて2段鍵盤の BX3 も発売された。こちらは専用のスタンドと組み合わせると、B-3 そっくりになる。音質的には、発売当時難波弘之が絶賛していたように、本物の B-3 がなければこの CX3 か BX3 しかオルガンサウンドはあり得なかっただろう。そもそも日本で本物の B-3 を常に使っていたロック系ミュージシャンは、ミッキー吉野と厚見玲衣とジョージ紫くらいしか知らない。
プロでも使えて、アマチュアにも買えるドローバー式のオルガンとして、やはりCX3は革命的だったと思う。ただし本家のハモンドから、B-3 のトーンホイールをサンプリングしたオルガンが発売された現在、やはり音質的には B-3 には遠く及ばないと感じる。あまりにも音が柔らかすぎて、パンチに欠けるのだ。それでもエレクトーンなどと比べると、はるかにそれらしい音が聴けるのだが。