/ Home / Archives / Remark / 19980821
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 CASSIOPEIA バージョンアップ 

1998/08/21
ハンドヘルドPC の第1号機、CASSIOPEIA A-51 を ROM 交換して、WindowsCE 2.0 にバージョンアップした。

1. カシオテクノ・サービスステーションに持ち込む
ROM の品切れで一旦中止になっていたバージョンアップが、8月5日から再開された。同時にハーフ VGA 画面の A-60 も発表になり、こちらは \75,000 である。\20,000 で古いマシンを使い続けるか、\75,000 で新しいマシンにするか悩むところだが、省資源ブームの折、やはり使えるものはできる限り使うことにした。デスクトップ PC と違って、いつも持ち歩くのが目的のハンドヘルドの場合、2台持っていても使い分ける意味がないし、480*240 の画面サイズに特に不満は感じていなかったのも理由のひとつである。もし A-60 のメモリが2倍の 16MB になっていたら、新しく買ったかもしれないが、残念ながらメモリの拡張は行われていないのだ。
8月17日に名古屋の千種駅前にある、カシオテクノ・サービスステーションに直接持ち込んだ。東京や大阪では、持込の場合その場で ROM 交換してくれるそうだが、名古屋では修理品扱いで工場送りになるそうで、納期は1週間と言われた。蓋を開けてメモリチップを交換するだけなのに、なんか納得できない気分だが、そこが東京、大阪と、名古屋の違いだろうか。以前ここでは PHS の ROM 交換をしてもらったことがある。SII の PCMCIA カードで PIAFS 通信ができないという、有名なバグ対策である。そのときも今回も、担当者の対応は明瞭で親切だったので、今回も安心して CASSIOPEIA を預けてきた。しかし慣れ親しんだ秘書が1週間いないというのは、かなり不便である。もはやすっかりボールペンと手帳には戻れない体になってしまったようだ。

2. 届いたもの
8月21日、待ちに待った A-51 Upgrade が届いた。3日しかたっていないので、申し込んだ翌日、ROM を交換して、すぐ発送したという感じである。明細は、部品代 \18,000、技術調整料 \2,000 という内訳だった。以前、WindowsCE 2.0 対応の A-55V を会社で開発用に、カシオから借りていたのだが、A-51 Upgrade の内容も、CPU のクロックが 40MHz で、液晶パネルの裏の色が違う以外は、付属品を含めて A-55V とまったく同じ構成である。

.Microsoft の CD-ROM、マニュアル
.CASIO のマニュアル
.バンドルソフトの CD-ROM と、ユーザ登録はがき
.取り外した Version1.01 の ROM

笑ってしまったのは、CASIO のマニュアルが、A-55V のものそのままだったことだ。ひとつ困ったことは、郵送先を会社住所にしておいたのだが、宛名まで会社名で届いてしまったことである。誰宛の荷物かわからず、代引 \21,000 (税込み) を立て替えてくれた、会社の事務のさっちゃんには迷惑をかけてしまった。わが社のような社員十数人の零細企業だからよかったものの、大企業なら大混乱だろう。

3. 初期設定と PC 接続
CASSIOPEIA の初期設定の操作は、旧バージョンと変わらないが、フルリセットの方法が、全 H/PC 統一され、操作が変わった。WindowsCE 2.0 では、Ctrl + Alt + リセットボタン でフルリセットできるようになった。
これに対し PC との接続はまったく操作が違う。WindowsCE 1.0 では、H/PC エクスプローラという単独のアプリケーションをインストールして、H/PC と通信していたのだが、WindowsCE 2.0 では、Windows95/98/NT のエクスプローラに統合され、「デスクトップ」の「マイ コンピュータ」の下に「モバイルデバイス」として表示される。デフォルトでは、このモバイルデバイスが、常にシリアルポートを監視し、H/PC が接続されるとすぐにコネクションが確立されるのであるが、これだとシリアルポートがひとつ占有されてしまいう。モデムやデジカメなどと交換して使いたい人は、「モバイルデバイス」の「ActiveSyncの状態」から「ファイル」−「通信」メニューを実行し、「自動接続」のオプションで、「常に自動接続を有効」にしないように設定しなければならない。ちょっと操作が面倒である。

4. アプリケーションのインストール
アプリケーションのインストールも WindowsCE 1.0 とまったく違う。というより、WindowsCE 2.0 のアプリケーション開発のガイドラインで、セットアップに関する仕様が大幅に変更されたのである。したがって、WindowsCE 1.0 用のアプリケーションをそのまま使う場合は、方法も従来と変わらない。
WindowsCE 2.0 では、まずデスクトップ PC のフォルダに、目的のアプリケーションのファイルをコピーし、そこからさらに H/PC に転送するという、2段階の方式になる。これだと、必要なアプリケーションをすべてデスクトップにインストールしておき、実際に H/PC に転送するのは、その日に必要なプログラムだけ、という使い方ができる。しかし実際にそこまでしてメモリを節約し、多くのアプリケーションを使い分けるかどうかは、ユーザ次第だろう。

5. 使用感
速い! の一言に尽きる。クロックが2倍の A-55V と体感的にはほとんど変わらない。会社では、同じ SH-3 の 100MHz の Hitachi Persona、80MHz の CASSIOPEIA A-55V、75MHz の HP 620LX を使ってテストしているが、CPU のクロック差はほとんど感じない。やはり日本語版 WindowsCE 1.0 のアーキテクチャに問題があったのだろう。本来 SH-3 はすごく高速な CPU なのだ。
また、アプリケーションの動作速度だけでなく、アイコンの表示速度が驚異的に速くなっているのも見逃せない。WindowsCE 1.0 では、エクスプローラでファイルをアイコン表示にすると、ほとんど実用にならなかったのだが、2.0 ではまったくストレスなく使える。またデスクトップにショートカットアイコンをたくさん表示していても、電源を入れると、一瞬で表示されるのだ。加えてスタートメニューが階層化されたので、2.0 では、ファンクションキー割り当てを使わず、デスクトップのショートカットアイコンと、スタートメニューだけで十分実用になる。

6. お勧め
現在 CASSIOPEIA A-51、A-51V を使っている人で、新機種を買わずに、これからも使い続けようという人、そういう人には間違いなく ROM のバージョンアップがお勧めである。絶対に \20,000 以上の価値があるだろう。
A-50 を使っている人は、現在のメモリ容量に不足を感じていなければ、ROM バージョンアップは十分価値があると思う。ただし、WindowsCE 2.0 用のいくつかのアプリケーションは、メモリ不足で使えなくなる。このあたりは目的をはっきりさせることが大切だ。
A-51、A-51V を持っている人で、A-55V を買おうと思っている人は、もうほとんど在庫がないようだから、こちらはあきらめて、ROM をバージョンアップするか、A-60 を購入すべきだろう。A-51 を持っていて、CPU 速度に不満がある人は、A-51V の在庫を探したり、クロップアップを考えるより、絶対に ROM バージョンアップがお勧めである。A-51 が遅いのは、クロックスピードのせいではない。
CASSIOPEIA で Web ブラウズをしたい人には、やはり A-60 がよいだろう。ほとんどのホームページが、横640ピクセル以上を前提に作られているのだから。もっとも、モノクロ4階調の CASSIOPEIA では、画像ページを見るのはかなり苦しいと思われる。これから新規にハンドヘルドを購入しようという人は、何に使うかをしっかり考えないと、なかなか機種を選べない。逆に WindowsCE 2.0 マシンは、かなり個性が強いので、目的が明確なら、機種選びも簡単だと言えよう。