/ Home / Archives / Remark / 19980728
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 Windows98 導入記 

1998/07/28
いよいよ Windows98 が発売された。いくつか注意しなければならないこともあるようなので、これを読んでくれた皆さんの参考になれば幸いである。

1. Windows98 を予約する
私の場合7月18日に、近所の家電量販店(栄電社)で、Plus!98 と一緒に予約した。その時の店員の話では、仕入れ価格に関する情報が日々変動していて、最終的に発売日にいくらで販売できるかわからないので、今は仮の価格で予約してもらい、支払いは商品と引き換えになる。ということだった。
Windows95 の時も、パソコンショップでは各店とも、午前零時まで価格を伏せていたから、今度も熾烈な価格競争になりそうである。まあ一番高いところと安いところで、\1,000 程度の差でしかないだろうから、あまり気にはしなかったが、販売店は大変だろう。
7月25日の朝、予約したショップは10時開店なのだが、休日なのに、8時に目が覚めてしまった。やはりここは一番乗りするしかない。

2. Windows98 の最初のターゲットは K6-2 だ
もちろんこの日のためにベータテストを続けてきた K6-2 マシンがターゲットである。Windows98 は RC4 でまったく問題なかったので、心配はしていなかったが、いよいよ自分のアプリケーションを動かすためにセットアップすることになる。
私は OS の上書きインストールということは絶対にやらない。仕事上テストという意味ではやったこともあるが、古い環境をそのまま引き継ぐ危険は冒したくないのだ。とくに末期の Windows95 は、IE やら DirectX やら、OS のカーネル部分にまで手を加える修正がいくつも入っており、それらが本当に正しく動作しているのか、自信が持てなかったし、それにアプリケーションをいくつも追加したり、アンインストールしたりしていれば、どうしてもシステムにゴミが残る。やはり1年に1度くらいは、ハードディスクをフォーマットして、OS からインストールし直すのが正解だろう。
上書きインストールすれば、Windows98 でサポートされないデバイスドライバは Windows95 のものを引き継ぐということだが、その心配がないことは RC4 で確認済みである。例によって、Matrox の Productiva G100 のドライバも、Ensoniq PCI Audio のドライバも、Windows98 の CD-ROM の DRIVERS フォルダに入っていた。 最終的にターゲットマシンのハードウェア構成は以下の通りとなった。ベータテストの時と違うのは、メモリを 128MB にしたことだが、これは同じショップで同じ銘柄の DIMM をもう1枚買い足したものである。

CPU : AMD K6-2 266MHz
Mother Board : TMC TI5VG+ L2 512KB
Video : Matrox Productiva G-100 8MB
Memory : No-Bland PC100 64MB DIMM(64Mbit) * 2
Sound : Creative Ensoniq PCI Audio
Ethernet : Realtek チップの PCI 10Base
HDD : Maxtor 90432D3 4.3GB UltraDMA
CD-ROM : TEAC PD-518E ATAPI CD/PD

手順に従い、CD-ROM から、すべてのインストールを完了した後、TEAC のホームページにアップロードされていた PD ドライバの最新版をインストール。そして最後に VIA MVP3 用の AGP ドライバをインストールする。これがないと、Final Reality がうまく動かないことも、RC4 で確認済みである。

3. アプリケーションを入れまくる
続いて仕事の環境を構築しなければならない。
まず LAN の設定であるが、これはしばらく前に我が家の家庭内 LAN のプロトコルを TCP/IP に統一したので、簡単だった。Windows98 では、標準インストールで TCP/IP しか組み込まれないので、NetBEUI や IPX/SPX を使っている人は注意が必要である。また初期状態で 「DNS 使用」を選択して DNS がない場合、Windows95 では、「DNS がない」としつこく言ってくるが、Windows98 ではこのメッセージが表示されない。それでうっかり IP アドレスを設定し忘れたまま、セットアップを完了してシステムを立ちあげると、当然であるがまったくネットワークが参照できないので要注意だ。
次に画面解像度を好みのものに設定するのだが、Windows98 では、ディスプレイのリフレッシュレートを細かく設定できるため、逆に接続するディスプレイを交換した場合、まったく表示されなくなってしまうことがある。最悪の場合ディスプレイを壊してしまうかもしれない。Plug & Play 対応のディスプレイならば、自動的に最適な値にしてくれるはずであるが、ビデオカードとの組み合わせによっては、これがうまくいかない場合もある。ディスプレイを交換した直後は、Safe Mode で立ちあげるか、あらかじめ標準 VGA にしてから繋ぎ直した方が無難だろう。
あとはアプリケーションをインストールしまくるだけ。Microsoft Office や我が社(プロテック)の製品、その他いつも使うアプリケーションは RC4 で動作確認済みなので安心である。Windows98 では、システムファイルを上書きするようなアプリケーションインストールに対して、警告を表示してくれるので、リソースが英語に書き換わってしまった、などのトラブルは減るだろう。

4. いきなりディスプレイがピーピー鳴り出す
一通りのセットアップが終わって、しばらく休憩していると、いきなりディスプレイがピーピー鳴り出すではないか。このマシンに接続したディスプレイモニタは、Energy Star 未対応のもので、画像信号が途絶えると、このような音が出る。マウスを動かして画面表示を元に戻すと、音は鳴り止んだのだが、なぜこうなったのだろうか。
画面のプロパティを見てみると、ディスプレイの機種は、省電力タイプではないにも関わらず、15分後に電源を切る設定になっていた。どうやらこの初期設定は、ディスプレイの機種を変更しても変わらないようだ。Windows95 と設定する場所が変っているので、見落としていた。

5. ネットワークプリンタのドライバ
プリンタサーバは 486SX を搭載したノートパソコンを利用しているので、Windows95 のまま使っていたのだが、Windows98 のプリンタをこのサーバのプリンタに指定した途端、サーバからプリンタドライバをダウンロードし始めた。まあ動けば問題ないのだが、Windows95 用のドライバをそのまま使うか、個別に Windows98 用のドライバをインストールするか聞いてくれてもいいような気がする。というわけで、Windows98 の CD-ROM に入っている Canon の BJ プリンタドライバの動作確認は、まだしていない。

6. Plus!98 は買いか
Plus!95 のときは、これを入れないと、Internet Explorer が使えない、ダイアルアップサーバが使えない、ウィンドウのフルドラッグが出来ない、フォントのアンチエイリアスが出来ない、といろいろ不便があったが、Plus!98 はほとんどオマケである。ただしアンチウィルスを使うつもりなら高い買い物ではないだろう。私も欲しかったのは、このアンチウイルスと、CD Player(例の曲名をダウンロードするというやつであるが、まだ使っていない)だけである。ただしこのアンチウイルスも、初期設定はタスクバーのトレイに常駐するタイプで、これはすぐにはずした。大体 Windows の動作不安定の原因はこのテの常駐モノにあることが多いのだ。

7. Matrox のサイトに新ドライバが
こうして土日を Windows98 でつぶし、月曜に会社で Web を見ていると、Matrox のサイトに、新ディスプレイドライバが登録されているではないか。「もう少し早くやれ〜」と思いながらも、古いドライバのグラフィックに不満があった私は、早速家に帰ってこれをダウンロードし(会社のネットワークでそれをやらないところが偉い、というか、ファイルサイズが 1.6MB もあって、フロッピーで持ち帰れなかったからであるが)、また月曜日の深夜まで Windows98 とつきあうことになった。