/ Home / Archives / Remark / 19980630
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 K6-2導入記 

1998/06/30
AMD の最新 CPU、K6-2 の導入に関する体験談である。これから K6-2 を導入しようとしている人は、ぜひ参考にしていただきたい。

1. マシン構成を決める
K6-2 購入に踏み切ったのは、98年6月初旬。K6-2 自体は、筆者の地元、愛知県でも簡単に手に入るが、マザーボードの種類が少なく、いくつもの店を歩いて品定めすることができない。そこで、東京出張のついでに、少なくとも、CPU とマザーボードと、ビデオカードを買うことに決めた。
しかし実際に店頭に並んでいるのは、266MHz 版だけ。人気の 300MHz はどこも売り切れ状態である。まあ体感速度にそれほど差があるとも思えず、これで手を打つことにした。ただし将来性を考え、マザーボードとメモリは PC100 にした。
NIFTY の FAMD を中心に、事前に仕入れた情報から、マザーボードは、VIA MVP3 か、ALi Aladdin V 搭載で、製造日が98年3月以降とわかるものと決めていた。
候補に上がったのは、I will XA100 と、TMC TI5VG+ である。ほとんどの店に在庫があり、価格もほぼ同じたったので、K6-2 を一番安く買える店で、安いほうを一緒に買おうと決めた。
結局 K6-2 の価格もどこも同じだったが、ツクモパソコン本店にあった K6-2 266MHz だけが、なぜか K6-2 表示で、他の店の在庫はすべて K6-3D 表示だった。人気の 300MHz 版は、K6-3D 表示のものは既に売り切れてしまっているようで、名古屋でも K6-2 表示のものばかりであるが、266MHz 版で、K6-2 表示のものを見るのは初めてだ。なんとなく最新ロットという感じで、ここで CPU とマザーボードを購入することに決定。そして、この店では TMC TI5VG+ の製造日の方が I will XA100 より新しいようだったので、この時点で基本構成は決まった。ビデオカードは、私の場合バリバリの 3D ゲーマーというわけではないので(だったら K6-2 がなぜ必要か?)、ありふれた Voodoo や RIVA128 は今回見送り。 i740 は Intel 以外のチップセットで動かない場合が多いということなので、これもパス。というわけで、今のところ一番新しい Matrox Productiva G-100 に決定。後日 HDD や CD-ROM を名古屋で入手して、マシン構成は以下のようになった。

CPU : AMD K6-2 266MHz
Mother Board : TMC TI5VG+ L2 512KB
Video : Matrox Productiva G-100 8MB
Memory : No-Bland PC100 64MB DIMM(64Mbit)
Sound : Creative Ensoniq PCI Audio
Ethernet : Realtek チップの PCI 10Base
HDD : Maxtor 90432D3 4.3GB UltraDMA
CD-ROM : TEAC PD-518E ATAPI CD/PD

ちょっと変わったところでは、TEAC の PD であるが、これは私が高速 CD-ROM が嫌いで、8倍速程度のものが欲しかったことと、事情があって、現在二組の LAN を組んでいるのであるが、双方がルーティングされておらず、大きなデータ交換は、ノートパソコンにファイルをコピーして、LAN を繋ぎかえるということをしていたのだが、一方には既に PD があるので、これでメディア交換だけでデータがやり取りできると考えたからだ。後になって、この PD が問題になるのだが。

2. マシンのセットアップ
まず部品を組み立てて、DOS のテストから開始した。この時点では、まだ上記の PD と、HDD を購入しておらず、ストックパーツとして眠っていた、Mitsumi の FX-400 と、Western Digital の WDAC2340 を使って、セットアップした。
壊れているパーツはなさそうなので、試しにクロックアップに挑戦である。K6-2 266MHz の定格は、66MHz×4 だが、まずこれを 75MHz×3.5 に、ついで、75MHz×4 に、これで約1時間運転し、BIOS の CPU 温度表示が、40度以上に上がらないことを確認。300MHz は達成された。2.2V core の K6 は実に温度上昇が少ないようだ。
そしていよいよ PC100 に挑戦である。CPU 内部は先の実験で 300MHz 駆動 OK のようなので、後はマザーボードとメモリのテストだ。TI5VG+ はメモリアクセスをベースクロックに同期させるか、AGP(66MHz) に同期させるか選べるのだが、今回は実験が目的なので、当然ベースクロックにあわせて、100MHz である。この結果、少なくとも、DOS レベルで使う限り、100MHz×3 は問題ないようだった。CPU の温度も、室温+15度程度というところだ。

3. Windows98 RC4 導入
ちょうど会社に Windows98 RC4(これが最終RCのようだ)が届いたので、まずこれをインストールしてみた。G-100 のビデオドライバは、セットアップでは導入されなかったが、Windows98 CD の drivers フォルダにあったものをインストール。Creative Ensoniq PCI Audio はドライバが見つからないため、Windows95 用のものをインストールした。
この時点で、増設カード類、UltraDMA、AGP、USB 等、Windows95 で何かと問題のあるデバイス類はすべて認識された。さすが Windows98 である。ところが、ここで、インストールに使った、Mitsumi の FX400 がついに息絶えてしまった。そこで急遽、名古屋大須のショップに代わりのものを探しに出かけることになった。そこで上記の、TEAC の PD-518E と、Maxtor 90432D3 を購入することになったのである。

4. Windows95 OSR2.1 導入
CD-ROM と HDD を交換し、とりあえず仕事のできる環境を作るために、Windows95 をインストールした。この時、WDAC2340 から、先にインストールした Windows98 RC4 をアンインストールし、TEAC の PD/CD ドライバをセットアップした DOS のシステムを作成した。バルク品の PD/CD を確実に動作させ、初期不良がないかどうか確認するためだ。こちらは何の問題もなく、動作したので一安心である。
次に HDD をMaxtor 90432D3 に変え、Windows95 のインストールだ。案の定、デバイスマネージャでUltraDMA、AGP、APM のところで黄色の(?)マークが出まくりである。マザーボードに付いていた CD-ROM をセットアップしても状況は変わらない。しかも、TEAC の PD ドライバをインストールしても、リムーバブルディスクのアイコンが出ないのだ。さらにベンチマーク等 DirectX 系のアプリケーションが落ちまくるという始末である。どうも Matrox のドライバに問題があるか、私のシステムと相性が悪いようだ。
そこでまず、TMC のホームページから最新のドライバをすべてダウンロードした。マザーボードの製造日に比べて、同梱された CD-ROM のプログラムはかなり古いようだ。つぎに、Matrox のホームページを見ると、Windows95 用のドライバは、同梱されていた CD-ROM のものと同一であったため、更新はせずに継続。そして最後に TEAC のホームページを見ると、「Intel の UltraDMA チップセットは、HDD とシングルドライブの CD-ROM のみサポートしており、CDチェンジャや、リムーバブルデバイスは対象外」ということ。ならば VIA や SiS, ALi の UltraDMA も同じだろうか。これでは HDD、CD-ROM 以外の ATAPI のデバイスは全滅である。

5. マザーボード用ドライバのパッチを導入
TMC のホームページからダウンロードしたドライバを、順番に導入することにした。まず UltraDMA のドライバ、次に AGP のドライバ(これで i740 が使えるようになるらしい)、次に APM のドライバ。これで見事に、デバイスマネージャの(?)マークはなくなった。DirectX もかなり落ちにくくはなったようだが、まだ実用に耐えるレベルではない。そして相変わらず PD は使えないまま。
この時点で Windows98 発売まであと1か月。しかも Matrox は、3D Now! に対応した、G-100 用のビデオドライバの開発を表明している。こうなったら、ビデオの問題は新しいドライバに期待するとして、Windows95 での短い期間の運用はあきらめて、最初から Windows98 で行くのも手だ。もう一度 Windows98 RC4 の導入に踏み切ることにした。今度は PD/CD も HDD も新品である。これでRC4 が動けば、1か月後には、製品版の Windows98 ですぐに運用ができるだろう。

6. Windows98 RC4 再導入
Windows98 RC4 の CD から標準のセットアップ、そして、Matrox G-100 ドライバのセットアップ、Windows95 用 Creative Ensoniq PCI Audio ドライバのセットアップと、前回と同じ手順で作業は順調に進んだ。そして、Windows95 用の TEAC の PD ドライバをセットアップすると、何の問題もなく PD が認識された。つまりすべてがうまくいってしまったのである。ダウンロードしたパッチも何も使っていない。DirectX も落ちることなく動く。なぜか Final Reality のインストーラが途中で止まってしまったが、これはまだ原因不明。いずれにせよ、後は Windows98 と、DirectX6、3D Now! 対応のビデオドライバのリリースを待つしかないだろう。
Windows98 の発売までに時間に余裕があれば、WindowsNT 4.0 Workstation をセットアップしてみるつもりだ。

7. Windows98 はやはりすごい
かくして、K6-2 導入奮闘記は、Windows98 RC4 の導入で一気に片付いてしまった。世間では何かと批判のある Windows98 だが、このあたりのサポートはさすがといわざるを得ない。私の結論としては、Windows95 時代に購入したハードウェアで、性能的に不満なく使っている人は、Windows98 の導入を急ぐ必要はないだろう。しかし Windows95 発売以降にリリースされた、UltraDMA, AGP, USB, APM/ACPI 等のハードウェアを持っている人で、現在それらの性能が十分活かしきれていない人は、やはり Windows98 にバージョンアップする価値があると考えていい。

8. 後日談
後日、もう一度慎重に Windows98 RC4 をインストールしなおしてみた。CD-ROM をよく探してみると、Ensoniq PCI Audio のドライバも入っていたし、TMC のホームページから、最新の Windows98 に対応した AGP ドライバーをダウンロードして、説明どおり、ビデオドライバ、DirectX の後にインストールしてみた。
これで Final Riality も完璧に動くようになったし、時々画面にゴミが残る現象もなくなった。K6-2 購入から1か月、ようやく安定した環境が構築できたようだ。
参考までに、Matrox Productiva G100 の Final Reality の結果であるが、このドライバは、Millennium と共通のもののようで、霧や透過光が、ディザパターンになってしまう、スポットライトが灰色になる等、Millennium の問題をそのまま受け継いでいる。3D 性能は、RIVA128 や i740 の比ではないようだ。