/ Home / Archives / BeShift / BeShift29
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 SCSI の混迷 - 月刊BeShift 1997年5月号掲載

最近の SCSI 機器は、混迷を極めている。読者もショップに外付けハードディスク等を買いに行って、訳が分からなくなった人もいるだろう。そんな読者の参考になればと、現在の SCSI の種類を簡単にまとめてみた。
一般に SCSI と言われる、もっとも初期の規格、これを Normal SCSI とか、SCSI1 とか言うようだが、この規格の増設機器は今やほとんど存在しないので、気にしなくてもいいだろう。
次に現在もっとも多く出回っているのが、SCSI2 あるいは、Fast SCSI と呼ばれるもの。これは、SCSI1 の2倍のスピードで転送する。
さらに SCSI2 の2倍の転送速度を持つ SCSI3 あるいは Ultra SCSI と呼ばれるものが最近のトレンドである。
上記3つはいずれも1つの転送ブロックが 8bit で、これをいかに高速で転送するかが性能の決め手となるが、SCSI2 と SCSI3 には同じ転送速度でも、転送ブロックを 16bit にしたものがあり、それぞれ、Fast Wide SCSI, Ultra Wide SCSI と呼ばれる。これは、コネクタのピン数も違い、接続に互換性がない。ただし、上記のどの SCSI の組み合わせでも、変換コネクタさえ用意すれば、相互に接続はできる。その場合、全体の転送速度は、一番遅いものに合わせてネゴシエーションされてしまうので、最新の機器の性能を活かしたいのなら、すべての SCSI 機器を同じ規格にしなければならない。もしくは、MO やスキャナ等、高速性を必要としないものは、買い換える必要もないので、使わないときはシステムから切り離しておけばよいだろう。