/ Home / Archives / BeShift / BeShift28
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 新聞雑誌のウソ - 月刊BeShift 1997年5月号掲載

ここ数年のパソコンブームで、一般の新聞や雑誌に、パソコン関連の記事が載ることが多いが、あまりにも記事の質が低く、中にはまったくのウソまである。パソコン専門誌では、滅多にそういったウソはないが、かなり有名な経済誌等でも、結構いい加減な記事を見つけることがあり、嘆かわしいと同時に、読者が誤解をしないかと心配である。それらの中でも、特に気になったものをピックアップしてみた。
「WindowsNT は将来 64bit 化されるので、現在の 32bit アプリケーションは動かなくなる」
これはちょっと考えられない。WindowsNT が 64bit 化されるといっても、アプリケーションから見れば、64bit のアドレッシングができる API が追加される、といった程度のもので、32bit の API がなくなる理由はどこにもない。WindowsNT の 64bit 化は、より大規模なデータベース等に備えたもので、ワープロや表計算とは無縁のものであるはずだ。
「Windows95 の新しいファイルシステム"FAT32"で、従来のアプリケーションが対応を迫られる」
これもアプリケーションには関係ない。ファイルシステムはOSが管理するもので、アプリケーションからは直接見えない。その証拠に、従来の Windows95 用のアプリケーションを WindowsNT にインストールすれば、NT のファイルシステム"NTFS"のファイルもしっかり読み書きできるではないか。ただし、ウィルススキャンソフトやディスク圧縮ソフトのような、ファイルシステムを直接操作するようなツール類は、FAT32、NTFS 専用のものが必要になる。