/ Home / Archives / BeShift / BeShift27
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 新マッハ号は電子装備満載 - 月刊BeShift 1997年5月号掲載

今回はちょっとパソコンの話から離れて、わがプロトグループ専門のクルマの話。TV アニメでマッハGoGoGo の新作が始まった。筆者の年代は皆大喜びだろう。なかでもイメージをほとんど変えずに現代的なクルマに変化した新生マッハ号は、電子装備満載のハイテクカーになっている。ここで筆者なりに新旧マッハ号を比較してみた。
最初にわかる違いはエンジンだ。旧マッハ号では、V8 の DOHC エンジンをフロントに載せていたが、新マッハ号ではミッドシップである。これに伴ってリアトレッドが大幅に拡大した。ボディのフォルムが一番大きく変わったのはこの点だ。しかもエンジン音から、どうやらこれがガスタービンエンジンらしい。それにしてはスロットルレスポンスがえらく敏感なので、排気タービンと動力軸を独立させて、その間をなんらかの流体クラッチでつなぐタイプだろう。以前トヨタが東京モーターショーで参考出品していたものだ。トランスミッションは、クラッチレスのセミオートマチックタイプのようである。クラッチペダルはあるが、走行中は踏んでいないから、これも F1 と同じ、スタート専用だろう。
次がなんといっても電子装備。ナビゲーションやポジショニング、セルフダイアグノーシス、ドライバーを補助する機能まで持っている。旧マッハ号と違い、7つの秘密装置をどのように使えばよいかまでサポートしてくれる。Windows のヘルプのようなものか。
もっとも、新旧で一番重要な違いは、新マッハ号にはヘッドレストも4点式シートベルトも付いていて、運転中はしっかりベルトを締めているということである。やはりなんといっても、現代のクルマは安全でなくては。