/ Home / Archives / BeShift / BeShift26
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 写真品質のカラープリンタ - 月刊BeShift 1997年2月号掲載

最近プリンタメーカから、相次いで写真品質のインクジェットカラープリンタが発売された。いままでのインクジェットカラープリンタは、3原色あるいはそれに黒を加えた4色のインクを、微細な粒子にして、紙に吹き付けるという手法で色を表現していた。各色の濃淡は、一定の面積にいくつのインク粒子を吹き付けるかで表現するため、きわめて白に近い部分では、インク粒子の間隔を大きくして、色の薄さをあらわすのであるが、もともと濃いインクを、いくらまばらに塗っても、薄い色にはならないわけで、どうしても肌色や青空はうまく印刷できなかったのである。
それを最新のプリンタは、薄いインクと濃いインクを使い分ける(キャノンは薄いインクを重ね打ちする)という技術で、本当の薄さを表現することに成功した。筆者も実際にサンプルを見せてもらったが、確かに今までとはまったくレベルの違う仕上がりである。ただし、それが写真品質かというと疑問ではあるが、十分カラー印刷を楽しむ価値はあるだろう。
最後に、カラー印刷を行う上で忘れがちなのは、ランニングコストはカタログに記載されているものの数倍かかるということだ。モノクロ印刷は文字が中心だから紙の面積の数%しかインクを塗らないが、カラーの場合写真が中心だから、ほぼ全面にインクを塗るのに、カタログに記載されているランニングコストの平均値は、モノクロの場合と変わらない数値が使われている。だからたとえばカタログに、「モノクロ1枚あたり約\5、カラー1枚あたり約\30」と記載されていたら、実際には「カラー1枚あたり約\300」と考えるべきだろう。無駄遣いをしないように楽しんでほしい。