/ Home / Archives / BeShift / BeShift25
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 Web ブラウザ対決 - 月刊BeShift 1997年2月号掲載

最近はどのパソコン雑誌でも、この記事が載らないことはないようだ。Internet Explorer(IE)も Netscape Navigator(NN)も、機能や性能の優劣で差をつけられるレベルではないので、どちらがいいかというのは問題ではないだろう。読者に興味を持ってもらいたいのは、IE 対 NN の対決は、たとえば Microsoft Word 対一太郎というような、ワープロソフトどうしの対決とは問題が異なるということである。
言うまでもなく Web ブラウザは、インターネットのサーバ上にあるホームページを見るだけのソフトである。ワープロであれば、文書を作るソフトと見る(印刷する)ソフトが、原則的には同じ物なので、罫線やグラフィック等の新機能をどんどん盛り込んで、他社ではできないことをやるのも結構だ。しかし Web ブラウザは、テレビと同じであり、ある特定の番組しか見られないようなものであれば、それがいくら高機能でも意味がないし、サーバ側も、特定の Web ブラウザ向けにホームページを作るわけにはいかないのである。にもかかわらず、ブラウザは3か月ごとにバージョンアップされるし、困ったことに、特定のブラウザ向けのホームページが実に多いのだ。
この Web ブラウザ対決のもう一つの弊害は、ブラウザの新機能を実現するために、年々(というより月々)データの転送量が増え、サーバの負荷も増えているということである。インターネットを、かつての文字だけの時代に戻せとは言わないが、結果としてエンドユーザが不便になるような競争には持ち込んでもらいたくないものである。