/ Home / Archives / BeShift / BeShift24
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 最先端技術の使い道 - 月刊BeShift 1997年2月号掲載

筆者はパソコンでゲームをすることがほとんどないし、ゲームのパッケージも数本しか持っていない。たまにゲームをやるとしても、仕事の合間にカード等のパズルゲームをするくらいで、特に相手を殴ったりするものには嫌悪感すら覚えるので、最新の 3D ポリゴンにはほとんど縁がなかったのである。
ところで、先日ある雑誌の付録 CD-ROM に、3D のレース物の体験版が入っていたので、試しにインストールしてみたのだが、DirectX の相性の問題か、立ち上がって画面が表示されたまま動かない。と思ったら、なんと数秒後にクルマがゆっくりと動き出し、カーソルキーを押すとワンテンポおくれて、クルマが向きを変えるではないか。筆者の Pentium 75MHz、Cirrus 5430 のマシンでは、遅くて動かなかったのである。Readme ファイルをよく読んでみると、「動作環境 Pentium 90MHz 以上、メモリ 16MB、DirectX に対応したグラフィックアクセラレータ」とある。つまり最近のゲームソフトでは、このクラスのマシンが最低ラインということだろう。
昨年末、ビギナー用のパソコンがすべてPentiumクラスになったとき、筆者は「かつてのクレイスーパーコンピュータの数倍の演算能力をもつ CPU を一人一台持って、いったい何をするのだろう」と思ったものだが、考えてみれば、15年ほど前のクレイ1では、ワイヤーフレームの 3D をゆっくりと回すのが精いっぱいだったような気がする。今やテクスチャマッピングした 3D ポリゴンをグリグリ動かせてあたりまえなのである。たまにはオフィスから離れて、最先端技術の本当の使い道に触れることも大切だと反省した次第である。