/ Home / Archives / BeShift / BeShift23
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 クロックアップはやはり危険 - 月刊BeShift 1997年1月号掲載

先日 WindowsNT が暴走し始め、リセットしても二度と立ち上がらなくなってしまった。ところが1時間ほどして、もう一度電源を入れると、何事もなかったように動くではないか。これは明らかに熱暴走の症状だ。そこで、昨年の秋に 66MHz の DX2 を外部クロック 40MHz、つまり 80MHz にクロックアップしていたことを思い出した。クロックアップした DX2 は、冬に向かって突っ走り、春の訪れとともにバテてきたのだ。クロックを 33MHz に戻すと、WindowsNT はもちろん、Windows95 も何の問題もなく、一晩中動き続けるではないか。
66MHz の DX2 が 80MHz になっても、体感速度はほとんど変わりないし、まして仕事が20%早く終わるなどということは絶対にない。まあ、今回の最大の問題は、ほんの遊びのつもりで試してみたクロックアップを、すっかり忘れていたということだが、あまりにも代償が大きかった。