/ Home / Archives / BeShift / BeShift22
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 業界用語のウソに騙されるな - 月刊BeShift 1997年1月号掲載

パソコン導入のキーワードは「マルチメディア」と「イントラネット」である。しかしいまだかつて「マルチメディア」や「イントラネット」をお金で買った人はいない。
最近流行の「イントラネット」とは何か。「イントラネット」の定義は簡単で、TCP/IP という、トランスポートプロトコルと、RFC で規定されたアプリケーションプロトコルだけを使って、ネットワークを構成することである。難しくて意味がわからなくても心配ない。重要なのは、「どんなハードウェアやソフトウェアを使うかはまったく関係ない」ということである。だから「イントラネット」などという商品はどこにもない。
「イントラネットで社内ネットワークが簡単に構築できる」というウソにも騙されてはいけない。確かにインターネット用のフリーソフトウェアだけで、「イントラネットを安く構築する」ことはできるだろう。しかし、安いということは、その分のコストを研究や勉強に割り振ってこそ実現できることであって、安くて簡単などというムシのいい話などないのだ。「イントラネット」はそういうお手軽なシステムを想定していない。社内に Windows も Macintosh も UNIX もあって、各部署にそれぞれの仕事がある。でも、最低限電子メールだけは、全社で一元管理したいとか、社内報や掲示板は同じドキュメントをどの部署からでも見たい、という要求に応えるものなのである。「イントラネットパック」を買ってきて、社内ネットワークをひとつにまとめよう、などというウソの夢は、まちがっても持たないことだ。