/ Home / Archives / BeShift / BeShift21
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 サーバは 486 で、クライアントは Pentium - 月刊BeShift 1997年1月号掲載

某大手メーカ系の SE である、私の友人が嘆いていた。顧客先でサーバというと、Pentium Pro 200MHz のマシンに、21インチディスプレイなんていう予算が簡単に通るのに、クライアントは、486 に 15 インチディスプレイで十分だろうとか、どこにどうお金をかけるか、まったく考えていないのだという。
Pentium が 486 より圧倒的に優れているのは、浮動小数点演算なのだが、ファイル共有だけのサーバなら、浮動小数点演算を実行することはありえない。ディスプレイなどは、立ち上げてしまえば見ることすらないので、モノクロ9インチで十分。ただしスクリーンセーバは絶対に使ってはいけない。あれは意味もなく CPU をフル回転させている。ディスプレイの電源を切っておけばいいのだ。
もし古い 486 マシンがあまっていれば、1台をプリンタサーバにするのも手だ。WindowsNT は印刷が始まると、極端にレスポンスが低下するので、これを別のマシンに割り振ればよい。メモリ 8MB の 486 マシンに、Windows95 をセットアップして、プリンタサーバ専用機にすれば、どうにも使い道のなかったマシンが、見事によみがえる。増設費用は、Ethernet カード1枚と、ケーブル1本、Windows95 のアップグレード版だけ。\20,000以下の買い物である。
Windows3.1 時代に購入した 486 マシンがあって、Windows95 用に Pentium マシンを購入する計画があるなら、古い 486 マシンに WindowsNT を導入するだけで上記のようなシステムが出来上がる。クライアントが10台までなら、WindowsNT Workstation でもサーバとして使用できるので、予算はほとんどかからない。