/ Home / Archives / BeShift / BeShift20
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 最近のパソコンショップ事情と考察 - 月刊BeShift 1997年1月号掲載

昨年末までの1年間ほどは、ハードディスクの大容量化と、低価格化が、際限のない競争という感じだった。エンハンストIDE(E-IDE)規格が一般化し、それ以前の 528MB までという制限がなくなったことと、MR ヘッドの実用化が大容量化に拍車をかけたのだろう。
ところが今年の春頃から、ハードディスクの大容量化と、低価格化が霞んでしまうような変化が起きている。読者はすでに気づいていると思うが、メモリの価格の大暴落である。72pin, 60ns, 16MB の SIMM の場合、昨年末に5万円程だったものが、10か月後の現在、1万円前後で買える。しかしハードディスクと違い、メモリに新しい規格が導入されたわけでもないし、劇的な技術革新が起きたわけでもない。ただ突然安くなったのである。アメリカのパソコンメーカ各社が、Windows95 ブームの去ったあと、パソコン販売がわずかに伸び悩み、部品発注量が減ったため、それまで高値安定していたメモリが一気に値崩れしたのが原因らしい。つまりハードディスクの値崩れとは根本的に理由が異なるのだ。
ハードディスクは売れるから、さらに開発に投資され、値が下がった。しかしメモリは、売れなくなりそうだから、製造元が値を下げたのである。そこには、利益をユーザに還元し、もっといい物を作ろうというアメリカのメーカの姿勢と、売れるうちは高く売って楽に儲けようという、日本のメーカの姿勢の違いが浮き彫りにされているような気がする。