/ Home / Archives / BeShift / BeShift19
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 データは盗まれるより閉じ込められる方が怖い - 月刊BeShift 1996年10月号掲載

WindowsNT と Windows95 のおかげで、パソコン LAN がすっかり身近になった。我々コンピュータ業界の人間も、ユーザにネットワークの導入を気軽に薦められるようになってきた。MS-DOS や Windows3.1 では、ネットワーク機能が標準で内蔵されておらず、どうしても LAN は後づけ的な扱いになり、メモリチューニングや、環境設定で苦労したものである。
ただ気軽に LAN を導入できることと、気軽に運用できることは意味が違う。どんなに設定が簡単になっても、運用のための基準作りや、管理のノウハウは変わらないのだ。例えば、ペーパーレスオフィスを目指して、古い書類をスキャナで取り込み、新しい書類は、すべて電子メール化している部署では、その管理を誰に任せているだろうか。部内で一番パソコンに詳しい人に、ボランティアでお願いしているような職場がほとんどではないだろうか。そこで縁起の悪い話だが、絶対に忘れてもらいたくないのは、「その、ボランティアでお願いしているネットワーク管理者が、交通事故で突然死んでしまった場合、あなたの部署では、今まで通り仕事ができますか」ということである。
例えば、WindowsNT Server のセキュリティは、かなり強力で、Administrator(システムの全権を管理する人に与えられるアカウント)がロックしてしまった資源には、まず絶対にアクセスできない。だからそういう人が、パスワードをしっかりかけて、ある日突然死んでしまったら、もうそのシステムは鍵を無くした金庫より堅く閉ざされてしまう。金庫なら、最後には金庫ごと壊すという手もあるが、WindowsNT のシステムを壊したら、当然データも読めなくなってしまう。これはもちろん UNIX などの他のサーバ OS でも同じであるが、UNIX の場合、最初の立ち上げがかなり面倒なことから、専任の管理者を置くのが一般的で、パスワードも、上級の管理者が死んだりしたら、次の人に伝わるようにしておくのが常識であるが、WindowsNT は立ち上げが UNIX に比べてはるかに手軽なことから、運用も適当にやっているところが多いようである。
データを守る努力はもちろん一番大切だが、1つのデータを盗まれるより、すべてのデータを失なう事の方が、はるかに被害が大きいこともある。あなたの職場は大丈夫だろうか。