/ Home / Archives / BeShift / BeShift18
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 最初の選択を間違えて無駄な苦労をしていませんか - 月刊BeShift 1996年10月号掲載

パソコンに限らず、システムで構成される道具というのは、最初の選択を間違えると、後でいくらお金をかけても、無駄になることが多い。例えば、大きな荷物を積む必要もないのに、ワゴン車を買って、ホイールやタイヤにお金をかけても、セダンほど乗り心地がよくなることはないし、スポーツカーのように走れるわけではないのと同じである。パソコンの場合、その最初の選択というのが、ハードウェアの構成だと思われがちだが、それは逆で、まず自分の目的にあったアプリケーションを決めることが重要である。
例えば、100件くらいの住所録を、Microsoft Access のようなデータベースソフトで作ると、1件検索するごとに、数秒待たされて、イライラする。Excel のような表計算ソフトで作れば、一瞬で検索できるのに。これは、データベースというのが、数万件から数億件のデータを、1件ずつハードディスクから読み出すように作られているのに対し、表計算ソフトは、数千件までのデータを、最初に一括して読み出すように作られているからである。だから100件くらいの住所録の場合、Excel なら最初の立ち上げで数秒待たされるだけで、後は何件検索しようと一瞬である。しかし1万件ほどになると、最初の立ち上げが極端に遅くなる。逆に Access の場合、何万件のデータがあろうと、立ち上げ時間はほとんど変わらないが、1件検索するたびにハードディスクを読む。ハードディスクとメモリの読み出し速度は1000倍くらいの違いがあるので、Access で住所録を作ってしまったら、いくらCPUを速くしても、Excel にはかなわないのである。しかし Excel で住所録を作ってしまったら、最大16384件を超えるデータは絶対に入力できない。いくらメモリやハードディスクを追加してもダメである。
ワープロの使い方にも同じような間違いがある。ある作家がエッセイで、「原稿書き=ワープロ」だと思い込んで、ずっと一太郎を使っていたが、出版社に入稿するときには、フォントも折り返し位置も意味がなくなるし、そもそも印刷する必要はないので、ワープロを使う必要がないことに気が付いて、エディタで原稿を書くようになったら、とても効率がよくなった。というようなことを書いていた。これは電子メールをワープロで書いている人にもあてはまる。パソコン通信やインターネットの電子メールでは、原則的にフォントや書式を送ることはできないので、ワープロを使う意味がないのである。
最初の選択が重要だということがわかっていただけただろうか。パソコンが遅いからパワーアップしたいと考えている人、一度自分が使っているアプリケーションを見直してみてはどうだろうか。