/ Home / Archives / BeShift / BeShift17
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 メーカやショップは何を売って儲ける? - 月刊BeShift 1996年9月号掲載

筆者の場合、MO や PD などのバックアップメディアを買うよりも、外付けハードディスクにバックアップして、定期的に近くのショップで CD-R に焼いてもらう方が安いし、便利だと考えている。それで半年ほど前、大須のあるショップで 850MB SCSI タイプの外付けハードディスクを購入した。850MB という容量は、ハードディスクとしては中途半端だが、CD-ROM を作るためのバッファとしてはちょうどいい。なによりもこの中途半端な容量のおかげで人気がないせいか、格安で購入できたのである。
ところが最初の見積もりが甘かった。このハードディスクには、SCSI ケーブルやターミネータが付属していなかったので、同じショップでこれに合う物を購入したのだが、SCSI コネクタの場合、少なくとも現在の日本にはフルピッチのもの、ハーフピッチ 50pin の SCSI2 タイプのもの、ハーフピッチでアンフェノールという、いわゆる PC-98 タイプのもの、それに Macintosh タイプの 25pin の4種類のものが存在しており、このハードディスクを購入したおかげで筆者は 25pin タイプを除く3種類のコネクタに対応するケーブルとターミネータを揃えなければならなくなってしまった。そしてそれら付属品の価格が、すべて合わせると、格安で買ったハードディスク本体の価格に匹敵するものになってしまうのである。そこで今回思い知らされたのが、パソコン本体や周辺機器は、どんどん値下がりし、ショップ間の価格競争も激しいのに、付属品の価格は、どのショップも判で押したように横並び、数年前からまったく変わっていないのだ。
良く考えてみれば、思い当たるフシが他にもある。例えばインクジェットカラープリンタ。2年ほど前、キャノンが初めて普及品を発売した時、本体価格は12万円ほどだったのに、今ではスーパーマーケットの特売品は1万9800円である。しかしインクカートリッジの値段はまったく下がっていないし、これを安売りしているショップはどこにもない。インクカートリッジの量産効果は、プリンタ本体の何倍もあるはずなのだが。メーカやショップが赤字覚悟でハードディスクやカラープリンタの大安売りをする理由は、じつはこんな所にあるのではないだろうか。とにかく1台売ってしまえば、後何年間かは、ユーザはインクカートリッジを定価で買ってくれるのである。ハードディスクを安売りすれば、客はまず同じ店でケーブルも買ってくれる。
ソフトウェア会社が、ソフトを格安販売してユーザを確保し、定期的なバージョンアップで利益を確保するように、これからのハードウェア会社は、インクなどの消耗品で定期的な利益を確保するようになり、ショップは付属品で利益を見込むようになるのだろうか。そういえば携帯電話や PHS の販売はすでにこういう形態になっている。技術革新とともに、営業も変化しているというわけか。