/ Home / Archives / BeShift / BeShift16
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 オブジェクト指向の甘い誘惑 - 月刊BeShift 1996年8月号掲載

ソフトウェアのエンジニアと、雑誌の編集者には共通点が多い。まずどちらも転職組が多い。そして転職組の大部分が、大企業とベンチャーを交互に渡り歩いている。だからあらゆる形態の組織や管理体制のもとで、一人一人の人間がやることに、たいして変わりがないことを知っているのだ。したがって仕事に対する悩みも共通していることが多い。いくら残業しても仕事が終わらない。ノウハウが次の仕事に引き継げず、毎回同じ失敗を繰り返す等々。
プログラマなら誰でも、昨年作ったプログラムより、今年作ったプログラムの方が品質も性能もいいし、第一美しいに違いない、と考えている。なのに、予算と納期の関係で、不本意ながらも昨年作ったプログラムを、部分的に今年も使わなければならない。全く新規にプログラムを作る(スクラッチビルドという)機会は、一人のプログラマにとって、一生のうちに何度もあるものではないのだ。そこで、昨年作ったプログラムの良い部分だけを引き継いで、気に入らないところだけを作り直し、なお且つ引き継いだ部分は、確実に動作が保証されるような仕組みを、理想と考えるわけである。ただこれが簡単にいかない。プログラムというのは、絡み合ったスパゲティのようなもので、一個所作り直すと、あちこちに綻びが出てくる。それが潜在的に存在していた問題なのか、新たに作り込んだ問題なのか簡単には分からない。やっぱり何も手を加えずに、そのまま使おうということになってしまうのである。
オブジェクト指向の入門書を読んで、一通り理解できると、プログラマは神に救われたような気分になる。そこには自分が求めてやまない理想卿がある、ように思えてならない。ただその理想卿への道は長く険しい。C++(シープラスプラスと呼ぶ)という言語を理解するには、C 言語の知識と経験が邪魔になったりする。何年も第一線で働いてきたベテランも、いきなり初心者になってしまう。言語を理解し、OS を理解した上で、今度はクラスライブラリという不気味なものを、有無を言わせず覚えさせられる。それでプログラムの開発は楽になったか? いや自分は今、理想卿を求めて幾多の苦労を乗り越えようとしているのだ。