/ Home / Archives / BeShift / BeShift15
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 Macintosh はやがてなくなりますか - 月刊BeShift 1996年8月号掲載

「Macintosh はやがてなくなりますか」という質問はよく耳にする。同様に「PC-98 は AT 互換機になるのでしょうか」という質問も。確かに初めてパソコンを買おうとする人の不安はわかるが、これらはあまり意味のある心配ではないだろう。確実に言えることは、Macintosh も PC-98 も、もちろんAT互換機も、やがてなくなるであろうということ。なぜなら今から15年前に主流だった、Apple II も、IBM-PC も、NEC PC-8000 も今は存在していないからである。だから現在主流のアーキテクチャも、10年後にそのまま残っているとは考えられないのだ。これはハードウェアだけでなく、OS やアプリケーションなどのソフトウェアについても同じである。今世界中の 90% のパソコン上で Windows3.1 か Windows95 が動いているといわれるが、10年前に Windows1.0 が発売されたときは、まだ MS-DOS ですらパソコンの主流 OS とはいえなかった。Lotus 1-2-3 がアプリケーションソフトの定番だった5年前、誰も Microsoft Excel がこれに取って代わるとは考えていなかっただろう。 ここ数年、パソコンのハードウェアは、かなり大きな変化を起こしている。まず代表的なのが、CPU に依存しないバスアーキテクチャである PCI 。最近ついに PCI だけで、従来の C-Bus を搭載しない PC-98 が発売された。Macintosh も、しばらく前から Nu-Bus を廃止して PCI に移行している。それから PCMCIA 。今ほとんどのノートパソコンには PCMCIA スロットが装備されているし、最近 PowerBook にも搭載された。最後に、来年あたりから普及しそうな USB(Universal Serial Bus)。この3つのハードウエアアーキテクチャによって、メーカのサービスマン以外は裏蓋を開けなくてもよい、いわゆるシールドケース型のパソコンが誕生する。たとえこのパソコンに Windows97? が搭載されたとしても、もはやこれは AT 互換機ではない。 もし読者が、明日パソコンを買って、それから10年以上パソコンを使い続けるなら、おそらく3年後には、別の機種を買い換えているだろう。そのときにはその時の機種選びの基準があるだろうから、今はとりあえず、今一番欲しいパソコンを買っておこう。