/ Home / Archives / BeShift / BeShift14
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 初心者がパソコンに期待してはいけないこと - 月刊BeShift 1996年7月号掲載

「パソコンを買おう」と決めてから買うまでは、買ったらあれもしようこれもしようと、期待の日々が続く。しかしここで間違った期待をしてしまうと、買ってからが大変である。パソコンは目的を誤ると、苦労ばかりで、まったく楽しくなくなってしまう。初めてのパソコンを家庭で使う場合、決して期待してはいけないことを、私の経験から、いくつかあげてみよう。
まずデータベースである。CD や本のコレクション、知人の住所録や名刺管理等、いかにもコンピュータ向きの仕事のようであるが、これが結構使い物にならない。例えば CD のコレクションを考えてみよう。タイトルや曲目を登録し、自由に検索できるようになればいいのだが、100枚のCDがあったとして、1枚に平均10曲、曲目だけで1000件である。初心者が、これを全部入力するのに、何日かかるだろうか。3か月もかかって、全件入力したところで、100 枚程度の CD の曲目なら、すでにほとんど暗記しているはずである。最低1万枚くらいを保有する FM 放送局でもなければ、意味がない。名刺管理など問題外である。自分の持っている名刺を、すべて入力した頃には、半分以上は人事異動で使い物にならない。第一、1000枚名刺を持っていたとしても、電話番号を暗記していない相手に、名刺を見ながら電話をかけることは、1か月に1度あるかないかである。
次が葉書印刷の自動化。とにかく葉書印刷はプリンタに向かない。ほとんどのプリンタでは、上下左右に 10mm 程度の余白を必要とするが、官製葉書の郵便番号欄はギリギリのところにある。おまけに葉書のような厚紙は、下数センチは、まずまっすぐに印刷できない。何枚も葉書を無駄にする覚悟が必要だ。そのうえ子どもの写真をスキャナで取込んで、カラー印刷しようと思ったら... プロはお金をもらっているから、こんな面倒なことをやるのだ。
極めつけは、奥さんに無理矢理使わせること。レシピを見ながら料理をするのは、男の仕事である。衣服のデータベース? 女性は、たんすの中を整理するのが楽しいのだ。家計簿? 奥さんがやりたいと言ったら手伝ってあげよう。
パソコンを何に使ったら、効果的で楽しいか。つまりこの逆を考えればよい。まず、すでにデジタルデータになった物を見ること。次にそれを加工すること。そしてデジタルデータのまま保存して、再利用すること。雑誌付録の CD-ROM や、インターネット、パソコン通信に、素材はいくらでも転がっている。