/ Home / Archives / BeShift / BeShift13
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 The Microsoft Network はまったく新しいパソコン通信だ - 月刊BeShift 1996年6月号掲載

4月1日からいよいよ日本でも The Microsoft Network(以下 msn) がインターネットに接続された。もともと msn は、Windows95 の発売とともにサービスを開始した、マイクロソフトのパソコン通信である。当初はアクセスポイントも少なく、回線速度も最大 14,400bps までで、グラフィカルなメニュー画面の受信に、数分も待たされたのだが、今回 NTT との提携によって、全国40か所以上に 28,800bps のアナログと、64kbps の ISDN のアクセスポイントを持つ、最大規模のパソコン通信になってしまった。
しかし話題は、アクセスポイントだけではない。msn は、そのままインターネットのプロバイダにもなっているのである。NIFTY-Serve も1月から、インターネット接続を開始したが、これはアクセスポイントの電話番号が NIFTY と同じというだけであって、あくまで NIFTY とインターネットは別物だ。しかし msn の場合、msn にログインして、メニューの中からインターネットを選択すると、自動的に Internet Explorer が立ち上がり、msn をスタートページとして、ネットサーフィンができるのだ。Internet Explorer を閉じると、回線が切断されるのではなく、msn のメニューに戻ってくる。さらに驚くべき事に、Microsoft Exchange によって、msn の電子メールと、インターネットの e-mail が一本化され、送信箱に入れておいたメールは、それぞれ msn と e-mail に、振り分けて配信され、自分宛てのメールがあれば、msn からも e-mail からも自動的に受信されるのだ。msn に加入した時点で、同じ名前の e-mail アドレスも取得できるから、面倒な手続きは一切ない。送信箱の中にメールに混ぜて FAX 文書を入れておけば、FAX の送信もされる。
4月号のコラムに、日本の Windows95 ユーザには Exchange は使いこなせないのでは、という旨の記事を書いたが、これは早急に訂正しなければならない。なんといっても、筆者自身が最大限利用させてもらっている。
この msn の唯一の欠点が、Windows95 でしか使えないということか。同じ Microsoft の WindowsNT ユーザにもサービスが提供されないのである。