/ Home / Archives / BeShift / BeShift12
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 Windows によって機種の差がなくなったという誤解 - 月刊BeShift 1996年6月号掲載

多くの雑誌やパソコン入門書で、「Windows は機種の差をなくした」という記事を見かける。ところがこの記事は、初心者に誤解を招きやすいし、もしかしたら、このような記事を書いている著者も誤解しているのかもしれない。
確かに Windows が機種の差を克服したのは事実であるが、この言葉の意味は、本来の(アメリカでの)ものと、日本におけるものとで、やや異なる。ご存知のように、現在日本でパソコンの機種選びというと、NEC の PC-98 シリーズ、Apple の Macintosh、そして NEC、Apple 以外のメーカから発売されている、IBM PC/AT 互換機の3種類に分けられる。Macintosh では、普通 Windows は動かないので(特殊な方法で動かす手段もあるが、ここでは説明しない)、Windows から見た機種の差というのは、PC-98 シリーズと、IBM PC/AT 互換機のことになる。ところが、Windows の本家アメリカには、もちろん PC-98 シリーズはない。
Windows が普及する以前、日本のパソコンショップのソフトウェアのコーナーには、同じアプリケーションでも、NEC PC-98 用、富士通 FM TOWNS 用、IBM PC/AT 互換機(DOS/V)用などと、それぞれの機種に対応したパッケージが存在した。しかしアメリカのパソコンショップには、Macintosh 用を除けば、IBM PC/AT 用のものしかなかったのである。なのになぜ、Windows が機種の差を取り払うのか。つまりここで言う「機種の差」とは、IBM PC/AT 互換機に対応した数多くの周辺機器のことなのである。
例えば、Windows 以前の代表的なアプリケーション、Lotus 1-2-3 について説明しよう。もちろんアメリカでは、Lotus 1-2-3 は IBM PC/AT 互換機用のパッケージ一つしかない。しかしその箱には、対応する何十種類ものプリンタの製品名が記述されていたのである。その箱に記述されていないプリンタでは、Lotus 1-2-3 は印刷することはできなかったのだ。ところが Windows の発売によって、事情は一変した。プリンタのメーカは、自社のプリンタに、Windows のプリンタドライバのプログラムを同梱する。このプリンタドライバをインストールした Windows では、すべてのアプリケーションから、このプリンタを利用することができるのである。最新の Windows 版の Lotus 1-2-3 の箱には、対応プリンタの欄に、「Windows で使用可能なプリンタ」とだけしか記述されていない。
では日本はどうか。数年前まで日本では、NEC と EPSON を除いて、富士通、東芝、日立、日本IBM等、ほとんどのメーカが異なる機種のパソコンを販売していた。各機種では、拡張用のコネクタやスロットの形状も異なり、事実上周辺機器は、本体と同じメーカ製のものしか使えなかったのである。そしてアプリケーションは、これらのうち最低3機種くらいには対応した、別パッケージを販売していた。本体が1種類で、周辺機器が豊富なアメリカと、本体が豊富で、本体を選べば、周辺機器は自動的に決まってしまう日本。Windows 以前のパソコン文化には、これほど大きな開きがあった。
Windows が機種の差をなくす、というのは、決して PC-98 シリーズと、IBM PC/AT 互換機が同等になってしまうことではない。確かにアプリケーションは1本化されたが、基本的な操作性にはまだまだ大きな違いがあると思った方がよい。例えば周辺機器の多くは、PC-98 用と、IBM PC/AT 用で違っているし、キーボードの配列も異なる。フロッピーディスクと、ハードディスクのドライブ名まで違うのである。
ここでどちらがいいとか悪いとかを論じるわけではないが、このことはしっかり頭に入れておいてもらいたい。初めてパソコンを選ぶということは、初めてパソコン文化に触れるということである。その経験が自分の将来に及ぼす影響は、誰にもわからないのだ。くれぐれも機種選びは慎重に行ってもらいたい。