/ Home / Archives / BeShift / BeShift11
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 携帯電話とパソコンのコンビネーション - 月刊BeShift 1996年5月号掲載

別個に発達してきた複数のメディアが、ある時突然融合して、まったく新しいインフラを作ることがある。最近の例では車載テレビと GPS が融合したカーナビが注目されているが、カーナビ以上に今後の普及に期待できるのが、携帯電話や PHS と、ノートパソコンの融合である。
現在このシステムを利用しようとすると、ノートパソコンにモデムを繋いで、携帯電話にモデムアダプタを繋いで、さらにこれらを接続しなければならない。加えて電話の自動発信や、通信ソフトの設定など、簡単ではない問題がまだまだ残されている。しかしこれらは技術的にはすべて解決可能なことである。PCMCIA カードタイプの携帯電話と、ドライバソフト、アプリケーションが揃えば、インターネットに接続などという意識すら必要なく、世界中のデジタル情報をワイヤレスで、自分のパソコンのデータとして扱えるだろう。
果たして、この技術がどんな社会をもたらすか。自分への電話は、自分のパソコンのスピーカとマイクで利用できるので、「〇〇さん、××課から内線です」という呼び出しも、「〇〇さん、外線×番にお電話です」というやりとりもなくなる。その電話で話しながら、書類をメールで送信する。そしてこのような仕事が、会社だけでなく、自宅や出張先でも、ほとんど同じ操作でできるはずである。