/ Home / Archives / BeShift / BeShift10
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 インターネット内での権利 - 月刊BeShift 1996年5月号掲載

インターネットはもともとアメリカの大学や研究機関が、自分のところのコンピュータと他のコンピュータを接続し、情報の交換を行うために利用されていた。相互に研究情報を交換するのだから、運営はボランティアで、基本的にはすべての利用が無料である。それがここ数年、商用利用に公開されてから、状況が一変した。WWW によって画面での操作が可能になり、ウィンドウズやマッキントッシュで簡単に利用できるようになったのも、変化に拍車をかけた。通信データ量はユーザ数に比例して増えるのに、回線の性能や管理のボランティアは簡単には増やせない。おまけにポルノ情報の規制やら、政府まで介入するようになってきた。
もともとインターネットを大学間の情報交換に利用してきた研究者たちは、心中おだやかでないだろう。自分たちの手紙を政府が開封して検閲するということになるのだから。最近アメリカで、こうした古くからのインターネット利用者が暴動を起こしていると聞く。今インターネットは、一体誰のものなのだろう。