/ Home / Archives / BeShift / BeShift09
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 ワープロとパソコン - 月刊BeShift 1996年5月号掲載

「ワープロとパソコン、どっちを買ったらいいの」というのは、初心者によくある質問だが、これはもう、見かけ以外まったく別物と考えてもらいたい。そもそも商品としての分類が違うのである。ワープロはタイプライタを電動化し、かな漢字変換機能を組み込んだもの。目的は印刷以外何もない。写真を取り込んだり、通信をしたり、いろいろなオプションがあるが、最終的に紙に文書を印刷する以外に用途はないのだ。
一方パソコンは、情報の加工と保存をする道具だと言える。もちろん紙に印刷することもできるが、印刷した情報は、もはやパソコンのデータではない。電子メールを受け取り、その返事を送る。どちらもそのままの状態で、ハードディスクに保存しておく。ずっと後になって、もし同じような仕事が発生したとき、あなたはすぐに過去のデータを検索し、加工を加えて、送信したり印刷したりした後、それをまた保存する。
こうしてパソコンのハードディスクの中には、あなたが一生かかっても覚えきれない知識が、正確にいつでも検索可能な状態で保存され、加工され、あらゆる形態で出力できるのだ。
さらにワープロと大きく異なるのは、あなたの大切なデータは、パソコンには依存していないということである。10年後、現在最新型の Pentium Pro 200MHz のパソコンが現役で使われている可能性は、ほとんどないが、今日あなたが会社に、電子メールで送った企画書の原稿は、そっくりそのまま保存され、10年後の最新のパソコンの、大容量のハードディスクの中で、さらに高速に検索可能な状態で保存されていることだろう。