/ Home / Archives / BeShift / BeShift08
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 主婦とパソコン - 月刊BeShift 1996年5月号掲載

電化製品というのは、業界ではいわゆる白モノと黒モノに分けられるらしい。白モノとは、冷蔵庫、洗濯機、エアコンといった、趣味性がなく、一度買ってしまえば、壊れない限り使い続けられるもの。黒モノはオーディオセットやビデオデッキ、大画面テレビのように、必需品ではないけれども、趣味性が高く、新製品が出れば、欲しくなるというもの。そして、黒モノは若い男性に、白モノは主婦層中心に売れるというわけである。
一般的に白モノは操作が簡単なほど人気があり、黒モノは多少操作が難しくとも、できるだけ機能や性能を追求したものが好まれる。現状ではパソコンは圧倒的に黒モノであるが、これはオーディオやビデオを追い抜いて、一気に白モノになるかもしれない。なぜなら、まず現代の白モノが本当に操作が簡単か、よく考えてみて欲しい。全自動洗濯機、マイコン炊飯ジャーや多機能ミシン等、マニュアルの厚さはパソコン並みである。留守番機能付きファックス内臓コードレス電話は、一見黒モノのようだが、これを使いこなしているのは主婦だけではないだろうか。どうも主婦は、操作が簡単であるかどうかではなく、「衣・食・住・買い物・おしゃべり」を楽しめるかどうかで、電化製品を選んでいるようだ。
電子メール、ファクシミリ、インターネット通販、ビジネスという面の反対側から見れば、どれも主婦の楽しみにピッタリではないか。男の視点から、主婦に家計簿や料理データベースなどを押し付ける必要はないのだ。