/ Home / Archives / BeShift / BeShift07
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 コンピュータのコミュニケーションは非人間的か - 月刊BeShift 1996年5月号掲載

インターネットやパソコン通信、LAN の普及によって、人と人が直接話す機会が減るとか、電子メールでは、微妙なニュアンスが伝わらないとかいった話をよく聞くが、果たして真実だろうか。
コンピュータによるコミュニケーションは、従来のものを置換するのではなく、拡張するにすぎないのではないか。かつて電話や電報は、直接会って話せないほど遠距離の相手との、間接的なコミュニケーションを提供してくれたが、それで友人との会話が減ることはなかったし、むしろ電話によるアポイントメントは、直接のコミュニケーションをより円滑にしてくれる。コミュニケーションから距離の壁を取り除いたのである。
ではコンピュータネットワークは何をもたらすか。もっとも重要なのは、電子メールによる非同時性だろう。いつでも発信でき、いつでも受信できるということは、国際間の時差や、職業間の時差を埋めて、時間の壁を取り除いてくれる。そしてもう一つ重要なことは、電話やファクシミリは、装置対装置の通信であるが、コンピュータによるコミュニケーションは、個人対個人の通信だということである。つまり電子メールはどの装置に送るかを指定するわけではなく、誰に送るかだけを指定すればよいのだ。これは電話などにくらべて、むしろ人と人の直接のコミュニケーションに、より近づいているのではないだろうか。