/ Home / Archives / BeShift / BeShift06
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 パソコンは簡単になった? - 月刊BeShift 1996年4月号掲載

「誰にでも使える」初心者用のパソコン、売れ行きも凄いが、返品の要求も後をたたないらしい。「画面のメッセージにしたがってマウスをクリックするだけで使えると言われたのに、全然動かないじゃないか」というわけである。
これから初めてパソコンを買おうという人たちに、もう一度よく考えてもらいたい。「簡単」の意味を取り違えてはいないだろうか。本来「簡単」とは、「ちょっと勉強するだけですぐ理解できる」ことであって、「何も努力しないのにいい思いができる」こととは違う。理解しようと努力する人にとって、確かにパソコンは簡単になった。しかしご主人様の要求を先取りして、黙っていても身の回りの世話をしてくれる召使いではないのだ。
オートマチック車の運転はどんどん楽になっているが、それでも自動車学校に行って勉強も練習もしなければならないし、それがいやなら運転手を雇うしかない。パソコンは運転手付の重役より、自分で何でもこなすビジネスマンのパートナーなのである。