/ Home / Archives / BeShift / BeShift05
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 インターネットパソコンの落し穴 - 月刊BeShift 1996年4月号掲載

「5万円パソコン」などと最近巷で話題のインターネットパソコンが、いくつかのメーカから発表、発売されはじめた。家庭用テレビに接続して、インターネットからニュースを読んだり、オンラインショッピングに利用するというものである。
今後インターネット利用者が急増すると見込んでの発売であろうが、まだいくつかの壁がありそうだ。まず現在の一般家庭ではテレビの近くに電話のモジュラーソケットがない。そのためインターネットパソコンをテレビの上に置くと、玄関の電話ソケットから居間までケーブルを引っぱってこなければならない。通信が終わったら、そのままにしておくわけにはいかないので、また巻取らねばならない。これは相当無理があるだろう。さらに日本独自の問題がある。家庭用テレビで鮮明に表示できる漢字まじりの画面は、せいぜい320×240ドットであり、このサイズではとてもインターネットの豊富な情報に対応できないのである。では高精細のマルチスキャンディスプレイを組み合わせるか? それではただのパソコンになってしまう。