/ Home / Archives / BeShift / BeShift04
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 開発者泣かせの Windows95 - 月刊BeShift 1996年4月号掲載

その昔、Apple から Macintosh が発売されたとき、「使うは天国、作るは地獄」と言われていた。それほど Macintosh のプログラムを作るのは難しかったのである。その理由は、開発ツールが十分揃っていなかったということもあるが(なんと Macintosh のプログラムはMacintoshでは作れなかった!)、最大の原因は、それまで Apple II や MS-DOS しか知らなかったプログラマにとって、Macintosh のプログラミングスタイルがあまりにかけ離れていたということではないだろうか。
今、Windows プログラマは、その時以上に難しい局面にさらされている。Windows95 のプログラムは、ただ動けばよいというものではなく、OLE2 を実装していないと認められないのだ。OLE2 というのは、エクスプローラや他のアプリケーションと連動して、一貫した処理体系のもとで動くメカニズムであるが、これが大変難しい。そして日本人技術者にとって最大の障害が、OLE2 の技術解説書が、英語でしか提供されていない、ということだ。
Windows の普及は、日本の技術系の学校教育にまで影響を及ぼすかもしれない。