/ Home / Archives / BeShift / BeShift03
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 Windows は Macintosh に似てきたか? - 月刊BeShift 1996年4月号掲載

Windows95 になって、画面のイメージがいっそう Macintosh に似てきたなと思う人は多いだろう。ソフトウェアの開発者から見ると、それと同じくらい、最近の Macintosh の OS の内部構造が Windows に似てきたなと思うことがある。
Windows も Macintosh も Xerox の実験プロジェクト「Alto」を目標にしてきたわけだが、そのアプローチが Microsoft と Apple で異なった。Microsoft は、まず既存のハードウェアを利用し、OS の内部構造から Alto に近づけようとしてきたし、Apple は、まず新しいハードウェアを作り、外観から Alto に近づけようとしたのである。だから最近の Windows の外観は Macintosh に似てきたし、Macintosh の内部構造は Windows に似てきたのだ。
一足飛びに外観も中身もハードもソフトも Alto に近づけた NeXT が、結局事業として失敗したのを見ると、Microsoft や Apple のこのアプローチはそれなりに正しかったのだろう。これからの OS が、依然 Alto を目標とする限り、どれも似たり寄ったりになるのは確実である。