/ Home / Archives / BeShift / BeShift02
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 Exchange の価値 - 月刊BeShift 1996年4月号掲載

Windows95 のデスクトップ上の[受信トレイ]というアイコンをダブルクリックすると、Microsoft Exchange for Windows95 Version4 というプログラムが立ち上がる。なぜいきなりバージョン4なのか。実はこの Microsoft Exchange というのは、以前の Microsoft Mail Version3 の後継品なのである。本来は LAN 対応の電子メールソフトなのであるが、Exchange と名前を変えて大幅に機能拡張された。Exchange では LAN の電子メールの他に、インターネットやパソコン通信の電子メール、さらに ID を持っていない相手のために、電子メール用に作成した文書を、FAX で送る機能まで備えている。一人でいくつもの ID を持ち、毎日数十通から百通以上ものメールや FAX が届くアメリカのビジネスマンには、非常に重宝するツールであろう。彼らは、Exchange だけが欲しくて Windows95 を買ったとしても、十分元が取れるに違いない。
日本国内ですでに百万本以上出荷されたという Windows95 であるが、はたして何人がこの Exchange を使いこなしているのか。ますます日米の差が開くような気がしてならない。