/ Home / Archives / BeShift / BeShift01
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 Windows95 = エクスプローラ? - 月刊BeShift 1996年4月号掲載

Windows95 のスタートメニューにエクスプローラというアイコンがある。3.1 時代のファイルマネージャをさらに改良した使いやすいブラウザであるが、実はこれが Windows95 のデスクトップそのものである、ということをご存知だろうか。タスクバーや、マイコンピュータをクリックすると現れる各種ドライブのアイコン等、すべてはエクスプローラの表示画面なのである。つまりエクスプローラは Windows95 の裏方で、すべてのファイルを画面上のアイコンに結び付けているのだ。ではエクスプローラというアイコンは一体何なのか。これはエクスプローラの中のブラウザの機能を立ち上げるものだと思えばいいだろう。
エクスプローラが裏方でいつも動いているということを確認するのは簡単だ。すべてのアプリケーションを終了させてから、[Ctrl]+[Alt]+[Delete]の3つのキーを同時に押せば、現在裏方で動いているプログラムの一覧が表示される。Explorer は常にこのリストの一番上にあるのだ。ちなみにこの画面は必ず[キャンセル]ボタンで閉じること。[終了][シャットダウン]ボタンは Explorer が終了してしまうので注意。